<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

総務省がユビキタス特区を選定

総務省からユビキタス特区に全国の22か所を選定したとの発表がありました。

ユビキタス特区事業とは総務省の「ICT改革促進プログラム」および「ICT国際競争力強化プログラム」に基づいて創設されたもので、新たな電波利用が必要な事業に対して実験局免許を交付するなどの環境整備を行ない、革新的なサービスの開発・実証実験を支援する事業として2007年9月4日から10月31日までプロジェクト案を募集していたものです。

188件の提案が寄せられて札幌市や沖縄県座間味村などが選ばれ、予算措置を必要としない地域では2月にも最先端の新しい情報通信技術サービスの開発・実証実験がスタートする見通しということですが、その成果を期待したいものですね。

総務庁の関連ニュースリリース
[PR]
by machizukuri | 2008-01-31 09:02 | 計画・構想

横浜の東横線跡地活用の基本方針

1月28日、横浜市は東横線跡地活用の基本方針を発表しました。

横浜~桜木町駅間の廃線となった線路部分を自転車も通れる遊歩道にして、高架下には文化芸術をテーマにした壁画や、芸術文化施設を設置することなどが提案されたようです。

また旧桜木町駅は在定的に設置されている創造空間9001という芸術文化スペースの活用期間が終了する2010年3月以降、高架上遊歩道への昇降口だけでなく、北仲地区、野毛地区方面へのデッキや、桜木町駅から港の見える丘公園まで続く全長3.2kmの「開港の道」などとつなぐ新たな拠点として長期的な整備案を確立する必要があるとして今後の検討課題となっているようです。

東横線跡地は1872年に竣工した初代横浜駅、2代目横浜駅、3代目の現在の横浜駅をつなぐ位置にあり、この地区特性を踏まえて、歴史的空間の再生を図り、創造都市の拠点としてふさわしい空間づくりを行っていくということですが、どんなものになるか楽しみですね。

a0032822_955481.jpg

[PR]
by machizukuri | 2008-01-30 08:34 | 計画・構想

環境モデル都市、10か所選定か

1月29日、政府の地域活性化統合本部で新しい方針が話し合われたようです。

地球環境問題が深刻化する中で温室効果ガスの大幅削減などで先駆的な取り組みを進める10か所の環境モデル都市を選定して、予算の重点配分などで支援していく方針を固めたということです。

モデル都市の取り組み例としては複数の人が車を共同利用するカーシェアリングの導入といったものなどが想定されているようですが、環境に優しいまちづくりを推進してきた自治体であれば人口規模にこだわらない方針のようですから選定される可能性があるようです。こういったもので環境意識の裾野が広がればエネルギー消費の大幅な削減にもつながりますので期待したいものですね。
[PR]
by machizukuri | 2008-01-29 12:03 | 個人的な感想

外国人旅行者数1000万人時代のまちづくり

1月28日、観光圏整備法案というものが話し合われたようです。

国土交通省の外局に観光庁と運輸安全委員会を新たに設置することや、自然や名所などがある複数エリアを観光圏として一体的に整備して観光客の2泊以上の滞在を促すようなことを検討してるようで、今日にも閣議決定される模様です。

観光庁では、2010年までに日本を訪れる外国人旅行者数を1000万人に増やす政府目標の達成を目指す方針のようですが、多言語に対応する新しいまちづくりの模索というものが急務のようですね。
[PR]
by machizukuri | 2008-01-28 10:07 | 個人的な感想

建築の記憶-写真と建築の近現代-

1月26日から3月31日まで白金台の東京庭園美術館で開催される展覧会です。

近現代の日本の建築を同時代の写真家がどのようにとらえたかを約400点の写真を7章構成で紹介してあり、記録として撮影された貴重な明治期の建築写真や、あまり見る機会がない構想段階である建築模型を撮影したものなどを展示してあるということです。

開館時間は10時から18時で、2月16日と3月8日には新館大ホールで記念講演会も予定されているようです。先着順で事前予約は必要ないということですが、詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

a0032822_9242729.jpg

東京都庭園美術館公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-01-27 09:16 | イベント

耐火・防火建材の性能偽装問題

1月25日、国交省から建材性能偽装に関する中間報告が発表されました。

2007年10月にニチアスによる偽装問題が発覚し、国交省は大臣認定品の調査を1788社に指示したようです。調査で判明した性能が基準以下となる不適切な建材は45社98件となったようですが、今後も調査が進めば耐火・防火建材の偽装件数はさらに増える可能性があるということです。

再生紙のエコ偽装問題と違い、耐火・防火建材の性能偽装は人命にも係わりかねないものですから、性能偽装を認めた各メーカーは謝罪した上で大金を負担して改修する方向のようですが、明日の文化財防火デーあたりに業界団体全体での再発防止を誓うべきではないでしょか。
[PR]
by machizukuri | 2008-01-26 08:57 | 個人的な感想

企業の森づくりフェア2008

1月25日に大阪で、2月22日に東京で開催される環境イベントです。

林野庁と国土緑化推進機構により2ヶ所で開催されるもので、地球環境保全に対する国民の意識が高まる中で、全国各地で幅広く取り組まれている企業の社会的責任の一環としての企業の森づくりに関する基調講演や事例報告、企業の森づくりサポート制度の紹介などが行われる模様です。

大阪会場:大阪商工会議所第1号会議室(地下1階)
1月25日(金曜日)13時15分~18時0分

東京会場:農林水産省講堂(7階)
2月22日(金曜日)13時15分~18時0分

林野庁公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-01-25 09:14 | イベント

札幌コストコ

1月25日、札幌郊外にオープンする会員制倉庫型店舗です。

清田区美しが丘の国道36号線沿いに建設されたもので、道央自動車道の北広島インターにも近いことから広域からの集客が可能なようです。

日本での最初の出店は福岡県糟屋郡の久山店で、千葉市の幕張店、町田市の多摩境店、尼崎市の尼崎店、横浜市の金沢シーサイド店、川崎市の川崎店に続いて7番目の店舗となるようですが、小規模の飲食店やサービス業のオーナーが自ら法人会員となって備品購入することも多いようで、地域の中小小売店だけでなく卸売り店にとっても脅威となる場合が多いようです。今回の札幌進出も近隣の駅前商店街やロードサイドの店舗にも影響を与えることになりそうですね。

a0032822_10333826.jpg

コストコ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-01-24 10:15 | 再開発事例

洞爺湖地域温暖化対策まちづくり協議会の省エネ案

7月の洞爺湖サミット向けの議論が地元で盛んになっているようです。

福田首相は23日からスイスのダボスで開かれる世界経済フォーラムの演説で温室効果ガス削減に関して中期的な目標を主要排出国ごとに打ち出すよう求める方針を固めたということですが、北海道洞爺湖サミットが開催される会場周辺の胆振管内の伊達、洞爺湖、豊浦、壮瞥の一市三町などからなる「洞爺湖地域温暖化対策まちづくり協議会」はサミットを機に、洞爺湖周辺の温室効果ガスを50%削減させるための地元民間企業の関連事業案をまとめたということです。

主会場となるザ・ウィンザーホテル洞爺が館内の電気やガス機器をコンピューター制御して省エネルギーを目指す事業を展開するほか、洞爺湖温泉街のホテルが湖水を館内に循環させて冷房に使用する施設整備などを行うというような内容のようです。 洞爺湖地域温暖化対策まちづくり協議会では地域ぐるみの取り組みを本格化させて、環境面に配慮していることを世界に発信したいという主旨のようですが、全国平均に較べてエネルギー消費が多くなりがちな北海道内への省エネのアピール効果もありそうですから期待したいものですね。
[PR]
by machizukuri | 2008-01-23 11:47 | 計画・構想

ナショナルトレーニングセンター

1月21日、ナショナルトレーニングセンターが供用開始されることになりました。

今夏の北京五輪に出場する選手の練習に間に合わせるために総事業費370億円をかけて東京都北区西が丘の国立スポーツ科学センターに隣接して建設されたもので、各種スポーツ選手の強化トレーニングの中核施設になるとのことです。

屋内トレーニングセンターは地上3階、地下1階建ての規模で、宿泊施設は250人を収容できるとのことです。月末に五輪アジア予選の再試合を控えるハンドボール男子などがさっそく強化合宿を始めたようですが、景気の先行きが不透明化している中で多額の税金を投入されて整備されているだけに、選手の皆さんにはそれなりの自覚を持って練習していただきたいものですね。

a0032822_8113968.jpg


国立スポーツ科学センター公式ウェブサイト

[PR]
by machizukuri | 2008-01-22 07:49 | 再開発事例