<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

JRの新型車両N700系が営業運転

7月1日、東海道・山陽新幹線の新型車両のN700系の営業運転が始まります。

JR東海とJR西日本が共同開発した6世代目になる車両で、車体を空気バネで傾けて遠心力を緩和するシステムを採用したことにより東海道全線270キロ(山陽区間では300キロ)の高速運転が可能になり、都市間移動がより快適になります。

、300キロ走行時の空力性能を高めるために先頭形状の長さを10.7メートルと長くしたことで迫力がある個性的なスタイルとなっています。また省エネをさまざまな新技術で追求したのも特徴で、東海道区間で消費電力量を700系と比べ19%、山陽区間でも9%削減しているようです。

a0032822_774849.jpg

新しい新幹線N700系スペシャルサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-30 07:09 | 交通

石見銀山が世界遺産に決定

6月28日、ユネスコの会議で石見銀山が世界遺産に決定しました。

ニュージーランドのクライストチャーチで開かれていた会議で、新たに世界遺産として島根県大田市の「石見銀山遺跡」を含む4か所を登録さたということなのですが、一時はアピール不足から絶望視されていただけに地元関係者の知名度アップによる観光収入の増大などに期待が膨らんでいるようです。

審査した各国の委員からは「産業遺産でありながら自然と共生している点や、歴史的に環境への配慮が持続していたことを評価する」との意見が多かったということですが、安直な発想で自然景観に反するような観光施設などを作ったりすると登録の取り消しなどもあり得るわけですから、地元には長期的な視点で充分に配慮が行き届いた投資をお願いしたいものですね。

a0032822_11101458.jpg

大田市公式ウェブサイト


   そのほかに登録されたのは以下のものがあります。

●オーストラリアの「シドニーオペラハウス」
●インドのシャージャハナバードにあるムガール王朝の都「レッド・フォート」
●トルクメニスタンのパルティア王国都市の遺跡「ニサ遺跡」
[PR]
by machizukuri | 2007-06-29 11:07 | 個人的な感想

ハッピーローソンが山下公園に

6月30日に子育て応援コンビニのハッピーローソン日本橋店が閉店されます。

プラネタリウムと共にオープンした期間限定のものでユニークな取り組みとして話題になりましたが、今度は7月12日に山下公園レストハウスに新たにオープンすることになったようです。レストハウスの利用者へのサービス向上のために昨年から民間の公募を行っていたとのことで、ローソンが選定されたということのようです。

ディック・ブルーナのイラストは横浜の街にもすぐに溶け込むことでしょうし、横浜観光コンベンション・ビューローとの連携で地図やパンフレットなどの観光情報も扱うということですから新たな観光拠点としても活躍してくれるのではないでしょうか。

ハッピーローソン公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-28 08:21 | 個人的な感想

’08 東京・首都圏未来地図 最新版 1000円+税

また成美堂出版から首都圏の変化に関するムックが出版されました。

丸の内、東京駅周辺、潮留など首都圏は急速に変わりつつありますが、その最新の情報をビジュアル地図で丁寧に詳しく紹介してあり、鉄道や道路などの最新の首都圏のインフラ整備計画も網羅されています。

<CONTENTS>
■ 驚愕の大変貌
■ 新タワー 隅田河畔にそびえる「610m」
■ 新百貨店戦争と渋谷駅周辺の激変
■ 2016東京オリンピックへ
■ 2015年 鳥になって東京を眺望する
■ 首都圏交通未来地図
■ 未来の首都圏マップ

a0032822_812784.jpg

成美堂出版公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-27 08:27 | 書籍

産総研が高効率の省エネガラスを開発

つくば市の産業技術総合研究所が新しい省エネガラスを開発したようです。

6月25日に産総研から機能性酸化物グループが可視光は透過するものの、熱線(赤外線)は高効率で反射するという「日射熱反射ガラス」を開発したと発表されました。赤外線の約50%を反射でき、ビルや家屋、車両などの窓ガラスとして使えば空調費を抑えることができ、結果的に高い省エネ効果が期待されます。

半導体の薄膜形成などで使われる技術でガラスの基板に酸化チタンと酸化ケイ素を主原料とする積層構造を形成することにより高い数値の反射を実現したようですが、ガラス面が多い都市部の新築のオフィスビルなどから導入されてゆくことになりそうです。夏の昼間は建物内に流入する熱量の7割ほどが窓から入りこむという説がありますが、これを半減することができるとなると大きな省エネ効果が期待できるだけに急速に普及してゆくことになりそうですね。

a0032822_73615.gif

産業技術総合研究所公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-26 07:54 | 個人的な感想

大阪の道頓堀のグリコ看板とミズノのコラボ企画

6月25日18時30分より道頓堀のグリコネオンが模様替えされるようです。

江崎グリコ株式会社と ミズノ株式会社が2007年8月に開催される世界陸上2007をアピールするためのコラボ企画で、9月2日までの期間限定で社名が入ったものから陸上日本代表のユニフォームに変更されるということです。

大阪のシンボルのひとつとなっている江崎グリコのランナーは、2002年4月にサッカーのユニフォーム姿に、そして2003年8月には阪神タイガースのユニフォーム姿に変わって話題となりましたが、今回も無言で多くをアピールしてくれることでしょう。しかし地球温暖化が深刻化している時代ですから、消費電力が少ないLEDを多用するなど何らかの環境対策や環境メッセージなど省エネに対するアピールも同時に盛り込んでいただければ良かったかもしれませんね。

a0032822_8184248.jpg

江崎グリコ公式ウェブサイト
ミズノ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-25 08:39 | 広報活動

ブラックイルミネーション2007

環境省では2003年から夏至の日を中心に省エネキャンペーンを展開しています。

6月22日は100万人のキャンドルナイトの初日でしたが、ビジネス街に人が少ない日曜の24日の夜を「ブラックイルミネーション2007」として、東京タワーをはじめとした全国の約6万の施設などが一斉に消灯するということです。

また今年は韓国のソウルのシンボルであるソウルタワーも消灯し、日韓の交流も図ることになっているようです。公式ウェブサイトによりますと、63044箇所の施設が参加を表明しており、削減消費電力量は 2,930,361kWhということです。 これを機会に地球温暖化を考えるひとつのきっかけとなれば良いでしょうね。

a0032822_8554247.jpg

ブラックイルミネーション2007公式ウェブサイト
環境省公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-24 09:06 | イベント

圏央道開通で関越道と中央道が直結

6月23日の午後3時、圏央道のあきる野ICと八王子JCT間が開通します。

関越道と中央道が結ばれることで慢性的な渋滞の緩和や流通の効率化、さらにはレジャーの振興など多くの業界でその効果が期待されているようです。

首都圏中央連絡自動車道は都心から40~60km圏に計画されている環状の自動車専用道路で、都心部から放射状に拡がる自動車専用幹線道路を環状に横断する広域幹線道路網の一環として建設が進められてきました。本日から7月22日までの1カ月間は中央道・関越道接続記念キャンペーンが実施されるということですから、夏休みのドライブコースの候補として考えてみられてはいかがでしょうか。

a0032822_9384382.jpg

圏央道開通特設ウェブサイト
NEXCO中日本公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-23 09:40 | 交通

100万人のキャンドルナイト2007

6月22日から24日まで今年も「100万人のキャンドルナイト」が開催されます。

これは2003年から毎年行なわれている環境イベントで、今年の夏至である6月22日から24日までの週末の夜8時から10時までの2時間をみんなでいっせいに電気を消して環境問題について考えてみようと呼びかけているものです。

期間中は各地でさまざまなイベントが行なわれますが、かなりイベントの認知度も高まっていますし、今年は異常気象が顕在化したことからこれまでで最大規模となるようです。また時代に合わせてブログの告知に利用できるようにブログパーツが配布されるなど、細やかな工夫もされているようです。各地でのイベントの詳細は公式ウェブサイトで公開されていますので興味がある方はアクセスしてみてください。

a0032822_10393978.jpg

100万人のキャンドルナイト公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-22 10:41 | イベント

セカンドライフに仮想吉祥寺が、越後屋呉服店が

インターネット上の仮想世界であるセカンドライフに新しい動きがありました。

武蔵野市のHP制作会社であるライトハウスが開設したもので、井の頭公園やハモニカ横丁といった吉祥寺の街のシンボルも作り込まれているとのことです。現実の街も独特の雰囲気を持っている吉祥寺だけに人気となりそうです。

また大手の流通関係でも三越が「三越セカンドライフ店」の名称で出店するとの発表があり、7月19日にオープンする予定ということです。国内での百貨店のセカンドライフ出店は三越が初めてということですが、三越の前身の越後屋呉服店をイメージした店舗を作るということですが、和風テイストは外国人にも人気となるかもしれません。なかなか面白い傾向ですね。
[PR]
by machizukuri | 2007-06-21 09:20 | インターネット関連