<   2006年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ニッポンいいもの再発見!

11月28日からブログを通じて全国の町おこし支援の取り組みが始まりました。

商業ブログのアメブロを運営する渋谷区のサイバーエージェントが全国商工会連合会と提携して地域資源∞全国展開プロジェクトの一環として4ヶ月の期間限定で実施するもので、専用のブログサイトで各地の特産物や名所などの情報をリアルタイムで更新するという主旨のもののようです。

全国各地で100以上のブログを開設して各地の商工会のスタッフが地域情報を紹介するという試みのようですが、これは一般消費者へのアプローチの他に各地の特産品生産や町おこしに携わる人たちが競争することによりレベルアップすることも期待できそうですね。

a0032822_9303238.jpg

ニッポンいいもの再発見!公式ブログ
[PR]
by machizukuri | 2006-11-30 09:45 | インターネット関連

地方改革関連の2法案が衆院可決

11月28日に今後のまちづくりに影響を与える2法案が衆院で可決されました。

これは地方分権を進める手順や理念を盛り込んだ地方分権改革推進法案と北海道をモデルケースに国の権限と財源を地方に移すための枠組みを定めた道州制特区推進法案ですが、これらの法案は今国会で成立する見通しが高く、今後は国と地方のあり方をめぐって論議が本格化することになりそうです。

破たんした夕張市とそれに続くと思われる自治体をかかえている北海道は来年の知事選にも大きな影響を与えるものでしょうから今国会での法案通過は関心が高いでしょうし、その行方は市町村合併に続く国家の枠組みを大きく変えることになる道州制のモデルケースとなるものだけに似たような破たん懸念材料が多い自治体をかかえる地域では注目されることでしょう。

道州制特区推進本部では特区への特例措置を含む基本方針を策定する方針で、3つ以上の都府県が合併すれば優先的に権限と財源を移譲することなども想定されているとのことですから具体的な組み合わせの論議が深まりそうですね。
[PR]
by machizukuri | 2006-11-29 09:24 | 個人的な感想

富士急ハイランド ふじやま温泉

11月28日に富士急ハイランドエリアにオープンする純和風天然温泉施設です。

山梨県富士吉田市に本社がある富士急行が富士急ハイランドの新しい集客施設として12億円を投じて建設したもので、富士山を眺めながら入浴できるということと、延べ床面積1000平米の伝統工法を駆使した釘を使わない梁組みで作られたレトロデザインの情緒ある浴場が売り物となっているようです。

営業時間は10時~23時(最終入館22時)で、料金は平日大人1500円、小人750円という設定になっているようですが、アクセスが新宿から中央自動車道で約80分と良いために多くの集客が期待できそうです。
 
a0032822_20215183.jpg

ふじやま温泉公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-11-28 09:18 | 再開発事例

京都国際マンガミュージアム

11月25日に全国初のマンガの博物館が京都市中京区にオープンしました。

この京都国際マンガミュージアムは京都市と精華大学の共同事業として烏丸御池交差点近くの昭和4年建造の旧・龍池小学校を約12億円を投じて整備して開館したようです。このミュージアムは公民協働(Public Private Partnership)の考えに基づいて計画を市と大学で策定して市が土地や建物を提供し、大学がミュージアムを管理・運営して研究成果やノウハウを提供するものとなっているようです。

博物館は延べ約5000平方メートル3階建てのもので、約20万点のマンガコレクションを誇っており、館長は「バカの壁」などの著書で有名な養老孟司・東京大名誉教授が勤められるようです。入館料は大人500円、中高生300円、小学生100円で水曜休館となっているようです。マンガやアニメーションを体系的に研究し、人材育成や新産業創出につなげるほか、生涯学習や観光誘致にも利用するということですが、これから本格化する団塊の世代のリタイアがマンガを通じた国際文化交流の大きな力となってくれることが期待できそうですね。

京都国際マンガミュージアム公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-11-27 09:15 | 再開発事例

ダイヤモンドシティ・リーファ

11月25日に大阪市の鶴見区にオープンした大型複合商業施設です。

立地が鶴見緑地の近くの工場跡地ということで、1枚の葉をイメージしたネーミングとなっているようです。敷地面積は約57000平方メートル、店舗面積は約54000平方メートル、駐車場2170台に加えて、土地柄を考慮してか駐輪可能な台数も約3000台が用意されているようです。

「まいにちのくらしをちょっぴり楽しく」 をコンセプトにした4層のモールに核店舗のジャスコ鶴見店と約160店で構成されており、アクセスは地下鉄長堀鶴見緑地線の今福鶴見駅から徒歩8分と良好のようですから多くの集客も期待できそうです。

a0032822_8511223.jpg

ダイヤモンドシティ・リーファ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-11-26 09:20 | 再開発事例

苫小牧ゼウスシティー

11月23日に北海道の苫小牧駅前にオープンした中規模の商業ビルです。

昨年の郊外へのイオンモールの進出の影響もあり撤退した旧丸井今井苫小牧店を札幌市の不動産投資コンサルタントのZEUSがリノベーションしたもののようで、約80店の生活密着型のテナントで構成されているようです。

旧丸井今井店は地上6階地下1階の建物でしたが、今回の改装では店舗フロアは1~5階となっているようで、駐車場は600台と少ないながら確保しているようです。甲子園での活躍もあり知名度は高い苫小牧ですが、市長のスキャンダルによる交代で水をさした感があります。また周辺自治体との合併構想も道庁指導で進むこともありえる不安定な状況下でのオープンのようですが、駅前商店街の衰退傾向に一石を投じることになるか注目しておきたいものです。

a0032822_9431117.jpg

[PR]
by machizukuri | 2006-11-25 09:35 | 再開発事例

イオン八幡東ショッピングセンター

11月22日に北九州市の八幡東区にオープンしたイオンの複合商業施設です。

著名なテーマパークであるスペースワールドに隣接した土地区画整理中の土地にオープンした3層構造のもので、核店舗のジャスコ八幡東店と148の専門店で構成されています。敷地面積は約67000平米、店舗面積は約58000平米、駐車場が約2200台と標準的なサイズとなっているようです。

アクセスは鹿児島本線のスペースワールド駅から徒歩圏内にありますが、国道3号線が混雑してしまうことが危惧されることでしょう。17日に近隣住民向けにソフトオープンしたようですし、直線距離で7kmほどの所には既存店のイオン若松ショッピングセンターがありますが、新規開店に伴う渋滞は避けられそうにありません。

a0032822_1093083.jpg

イオン八幡東ショッピングセンター公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-11-24 09:44 | 再開発事例

ららぽーと柏の葉

11月22日に千葉県柏市にオープンした三井不動産による大型商業施設です。

このららぽーと柏の葉は秋葉原と筑波を結ぶつくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅前に開発されたもので、4層のフロアに10スクリーンのシネコンのMOVIX柏の葉フィットネス・スパ施設のカルナ、インテリアのアクタス、食品のFood campus Tokyu Storeなど185の高感度なテナントで構成されているようです。

アクセスは駅前ですから問題ないのですが、常磐自動車道の柏I.Cからも2.4Kmと近く、国道16号からも見える距離のようですから、かなり良好と言えるでしょう。商業活動が盛んなJR柏駅周辺や近隣の新興のモールなどとの競合は問題ではあるのでしょうが、後発ということで様々な工夫が盛り込まれているようです。

a0032822_10561635.gif

ららぽーと柏の葉公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-11-23 09:00 | 再開発事例

銀座中央通りデザイン国際競技の最優秀作品発表

日本の代表的な繁華街の街路灯のデザインが国際コンペで決定したようです。

11月20日に開催された中央通り照明デザイン国際競技実行委員会で決定した最優秀作品は前橋工科大学の松井淳助教授らによるモダンなデザインの「FOUR S FOR S」というもので、支柱に再生アルミを使い、発光ダイオードを組み込み支柱そのものが光って見えるものになっているようです。

街路灯のデザインはクラッシックな意匠のものだった銀座ですが、相次ぐハイファッションブランドの進出で活気付いていることに波長を合わせるかのような今回のデザインコンペは今後の他の地域へ影響を与えることになりそうですね。

a0032822_955490.jpg

中央通り照明デザイン国際競技実行委員会公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-11-22 09:24 | 個人的な感想

銀座中央通りデザイン国際競技の最優秀作品発表

日本の代表的な繁華街の街路灯のデザインが国際コンペで決定したようです。

11月20日に開催された中央通り照明デザイン国際競技実行委員会で決定した最優秀作品は前橋工科大学の松井淳助教授らによるモダンなデザインの「FOUR S FOR S」というもので、支柱に再生アルミを使い、発光ダイオードを組み込み支柱そのものが光って見えるものになっているようです。

街路灯のデザインはクラッシックな意匠のものだった銀座ですが、相次ぐハイファッションブランドの進出で活気付いていることに波長を合わせるかのような今回のデザインコンペは今後の他の地域へ影響を与えることになりそうですね。

a0032822_955490.jpg

中央通り照明デザイン国際競技実行委員会公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-11-22 09:20 | 個人的な感想