<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

イオン大日ショッピングセンター

先日の9月29日、 大阪府守口市にオープンしたイオンの大型複合施設です。

国道1号沿いの三洋電機の淀川工場跡地に建設されたもので、市営地下鉄谷町線と大阪モノレールの大日駅に直結しているようで、アクセスは抜群です。

建物は4層構成で核店舗はジャスコ大日店で、8スクリーンのシネコンのワーナーマイカルシネマズと175店の専門店により構成されており、延床面積が15万平方メートル、商業施設面積は約7万5千平方メートル、駐車場約2200台と関西エリアでは最大級のものとなっているようです。また周辺はサンマークスだいにちという40階建の高層タワーを核とした大規模住宅も整備されており、このエリアは今後も大きく変化してゆくことになりそうですね。

a0032822_1030028.jpg

イオン大日ショッピングセンター公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-30 10:50 | 再開発事例

成城コルティ

本日10月29日、世田谷区の小田急線成城学園前駅にオープンする駅ビルです。

地上4階地下1階に食品スーパーやファッションという定番のものに加えて、保育園や医療モールなど36店舗のバランスの良いテナントが配置されているようです。

また屋上には「自然の光、風、緑を積極的に取り入れ、歴史ある成城の街にふさわしい環境を創造する」というコンセプトで庭園が配置されているようで、西側からは富士山を、東側からは新宿の高層ビル群を望むことが出来るということです。ちなみにコルティとはイタリア語で中庭を意味する「コルティーレ」から作られた造語ということですが、吹き抜けはあるものの実際に中庭があるわけでは無いようです。

a0032822_9472098.jpg

成城コルティ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-29 10:03 | 再開発事例

ラゾーナ川崎

本日9月28日、川崎駅西口にオープンする大型の複合商業施設です。

これは三井不動産が東芝事業所跡地に開発したもので、スペインの著名な建築家のリカルド・ボフィル氏による商業ゾーンや住宅ゾーン、業務ゾーンなどにより構成されているもので、川崎駅周辺の人の流れを大きく変えることになりそうです。

テナントとしては食品スーパーの三和、ホームセンターのユニリビング、シネコンの109シネマズ、ビックカメラ、コナミスポーツなど約300店が出店しているようです。LAZONAとはスペイン語のLazo(絆)とZona(地域)を掛け合わせたもので、「土地と社会、人と自然、そして人と人とのつながりをあらわしています」ということですが、東芝創業の地で地域社会と優良な関係を築くことができるか楽しみですね。

a0032822_10271485.gif

ラゾーナ川崎公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-28 10:47 | 再開発事例

舞浜ユーラシア

本日9月27日、千葉県の舞浜ディズニーランドの隣にオープンするスパ施設です。

アジアの農村の棚田をイメージした露天風呂などが特色の温浴施設のようですが、最寄り駅の舞浜駅まではJR東京駅より約15分という近さですから人気となりそうです。施設は地上9階建てで、3~6階が舞浜地区では初めての源泉かけ流しの天然温泉ということです。そのほかにもアトラクションバス、洞窟風呂、足湯、岩盤浴、サウナなど15の設備があり、7~9階はホテルゾーンとなっているようです。

2006年2月には同じ浦安市内に湯巡り万華郷がオープンしたばかりですが、今後ますます大型温泉施設の競合が激化しそうな気配ですが、事業主体の株式会社アンコーポレーションは各地でさまざまなソフトを積み上げてきた企業のようですから、顧客満足度を維持してリピーターを獲得することも期待できそうですね。 

a0032822_102416.gif

舞浜ユーラシア公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-27 09:52 | 再開発事例

広島空港アクセス鉄道、断念か

広島空港と広島中心部を結ぶ空港アクセス鉄道計画が断念されるようです。

過去にリニア鉄道構想もあり、既におよそ9億円が投入された空港アクセス鉄道計画でしたが、JR山陽線白市駅利用の在来線利用型でも採算が取れず、大幅な赤字経営を強いられることが予想されるということで断念される方向のようです。

また文化振興のためにと模索されていたロシアのエルミタージュ美術館の分館誘致計画も施設の維持管理費に多額の経費が必要で運営には課題が多いということでこちらも断念されるようで、サンクトペテルスブルグへの職員の渡航費などに約1億8000万円もの経費をつぎ込んだ成果を生かせないことになりそうです。

広島市は道州制が導入されることになれば州都になることが有力視されていますが、長い時間と多額の税金をかけて何も実現できないのであれば納税者からの批判の声が高まることになりそうです。もちろん無理に不採算が確実視される計画を推し進めて将来に負債を残すことも問題ですが、今回の広島の醜態は市街地から遠すぎた新空港整備も含めて一度総括してみるべきではないでしょうか。
[PR]
by machizukuri | 2006-09-26 10:11 | 個人的な感想

長野市TOiGO

9月22日に長野市の中心部にオープンした大規模な複合施設です。

これは2000年に閉店した長野そごうの跡地を再開発したもので、SBC信越放送の新社屋と商業施設からなる「TOiGO SBC」と長野市の生涯学習センターと商業施設からなる「TOiGO WEST」、フィットネスジムやカラオケ店と駐車場からなる「TOiGOパーキング」の3つの建物で構成されます。

長野オリンピックの後に景気低迷が続いた長野市には久しぶりのシンボリックな話題となっているようですが、テナント構成などから見ると力強さは感じられません。これが中心市街地の衰退を食い止めてくれるきっかけとなるかは疑問ですが、関係者の皆さんには頑張っていただきたいものですね。

a0032822_11325637.gif

TOiGO公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-25 11:44 | 再開発事例

将来の合計特殊出生率の目標値を設定か

厚生労働省では少子化対策として、将来の出生率の目標を設定するようです。

12月に目標値を公表して、目標を達成するためにどのような少子化対策が必要になるかを分析して2007年度の少子化対策関連予算に反映させるのが狙いのようで、現在の1・25から1・40程度まで高める目標値を新設する方向のようです。

出生率が目標値まで回復すれば、現在の年金制度が想定する給付と負担の水準が維持できるということを考えての考えのようですが、全国各地で産婦人科や小児科の医者不足が顕在化するような状況下で役所が笛を吹いても踊らないのではないかという否定的な声も少なくないようです。

欲しい子供の人数は平均2人以上との各種の調査結果と実際の出生率との差を埋めるには出産期にある女性に「安心感」を持ってもらうことがいちばんだと個人的には考えますが、「子供を生み育ててみたいと思わせるような新しいまちづくり」というのを真剣に考えてみるべき時期ではないかと考えています。
[PR]
by machizukuri | 2006-09-24 11:29 | 個人的な感想

横浜カーフリーデー2006

本日9月23日、横浜の臨海部の3カ所で開催される環境関連のイベントです。

カーフリーデーは1997年にフランスの小都市で始まった社会実験のひとつで、1日だけ中心市街地でのマイカー利用を制限して、クルマと共存する快適な暮らしを考え都市交通問題などの改善のきっかけとするものです。

今年は「歩けば街が見えてくる」をテーマに横浜公園、日本大通り、イセザキモール5丁目の3会場で手作り自転車の試乗会や親子ウォーキング、福祉車輌の展示、スタンプラリー、オープンカフェ、自転車専門のフリーマーケットなどのイベントが開催されるそうです。今日は残念ながら終日曇天のようですが、最高気温は21度の予想ですから、参加していつもと違う横浜を体験されてみてはいかがでしょうか。

a0032822_1145461.jpg

横浜カーフリーデー2006
[PR]
by machizukuri | 2006-09-23 08:00 | イベント

国立新美術館の館内見学ツアー開催

2007年1月21日の開館に向けたプレイベントして10月13日より開催されます。

黒川紀章氏により設計された波打つガラスのファサードが印象的な六本木の国立新美術館ですが、建物の認知拡大を目指してアトリウム、企画展示室、公募展示室などの施設を公開する美術館建築ツアーが開催されることになったようです。

ツアー日時は10月13日、15日、19日、21日の4日間で参加は無料ということですが、往復はがきを使った事前の参加申し込みが必要ということですので、建築ツアーに参加ご希望の方は以下の公式ウェブサイトをご覧ください。

a0032822_1145537.jpg

国立新美術館公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-22 11:12 | イベント

なんばマルイ

明日の10月22日に難波の高島屋正面にオープンする丸井の新店舗です。

東宝南街ビルの地下1階から7階までになんばマルイが入居して、最上階の8階には9スクリーンのシネコンのTOHOシネマズなんばとなっているようです。

アクセスは地下鉄御堂筋線なんば駅の目の前ですし、地下鉄千日前線、四つ橋線なんば駅からは徒歩3分、南海、近鉄難波駅からも徒歩3分、さらにJRなんば駅からも徒歩10分と抜群に良く、多くの集客が期待できるのではないでしょうか。

a0032822_10383769.jpg

なんばマルイ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-21 10:11 | 再開発事例