<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

各地のタワーがリニューアル

東京や名古屋に続いて全国各地でタワーのリニューアルが進んでいます。

大阪浪速区の通天閣ではネオンをリニューアルするために、明日7月1日から消灯して10月20日までにネオン新設工事を実施して、10月27日に新しいネオンを点灯するということです。 通天閣のネオンは再建された1957年7月から日立が掲出していて、5~6年のサイクルでリニューアルが行われてきたそうです。

また札幌の大通公園のテレビ塔は時計の電光掲示をLEDに交換するリニューアルを行うことになるそうです。これにより消費電力の削減効果が期待できるということでしたが、都市景観の視点からは既に役割を終えていると思われる時計の是非が検討されるべきかもしれませんね。

通天閣公式ウェブサイト
さっぽろテレビ塔公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-06-30 13:52 | 個人的な感想

PLATINUM NAGOYA

名古屋の景気の良さを象徴するかのような大型の大人の遊び場が誕生します。

運営するのは大阪のエンテックということですが、明日の6月30日に松坂屋の名古屋本店北館の地下1階という一等地に国内最大級の270坪規模のディスコ・クラブであるPLATINUM NAGOYAがオープンするそうです。

ターゲットは20~40代で、入場時にはドレスコードがあり、料金システムは前金制で、男性が3000円、女性は2500円となっているようです。豪華なVIPルームも用意されているようで、バブル時代を知らない世代が当時を疑似体験でも出来そうな雰囲気なのかもしれませんね。

a0032822_20242241.gif

PLATINUM公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-06-29 20:31 | 再開発事例

SKY BUS SAPPORO

本格的な観光シーズンを迎える札幌で新たな乗り物が走り出しました。

このスカイバスという赤い2階建ての屋根が無いオープンバスは昨年から丸の内を走るSKY BUS TOKYOと同じもので、先日6月27日から8月27日まで札幌の都心部を走ることになっているようです。

予約は不要で1日9便運行、大人(12歳以上)1500円、小人(4歳以上 12歳未満)1000円とやや高めの料金設定ですが、蒸し暑い本州から爽やかな晴天が続く札幌に観光に訪れたならば安く感じるかもしれませんね。

素朴な疑問として雨天の運行が気になるところですが、簡易な雨具が用意されているようです。発着地点は観光名所の北海道庁旧本庁舎前のさっぽろ赤レンガカフェということで、そちらでは各種観光情報も揃えてあるようです。

a0032822_9144176.gif
a0032822_9273457.jpg
SkybusSapporo
さっぽろ赤レンガカフェ
[PR]
by machizukuri | 2006-06-28 09:15 | 交通

北海道支庁再編案

面積が広大な北海道では支庁制度が残っていますが、再編されるようです。

夕張市の破綻が象徴するように厳しい財政運営が続いていることもあり、2008年度までに現在の14支庁を6に再編する支庁再編案が出てきたようです。

今のところ支庁名は仮称ですが、北海道民に定着している道央・道南・道北・道東の区分けを応用して、道央・道南・道北はそのままで、道東をオホーツク、十勝、根釧の3地域に分割するという方法が検討されているようです。

北海道民以外には馴染みが薄い支庁制度だけに、人件費削減のためには全廃することを検討してみるべきではとも考えたりもしますが、道央圏以外にお住まいの方のメンタリティは急速な変化に対して抵抗があるでしょうから、時間をかける必要があるのかもしれません。明るい話題が少ない北海道ですが、うまくソフトランディングしてくれると良いですね。

a0032822_1258105.gif

北海道公式ウェブサイト
支庁制度改革の取組
[PR]
by machizukuri | 2006-06-27 13:31 | 計画・構想

総務省、破綻法導入を検討

夕張市の財政再建団体の指定申請を受けた議論が活発化しているようです。

総務省が今後も産炭地や山間の人口縮小傾向にある自治体が破綻するおそれが高いことから、破綻を未然に防ぐために厳しい財政運営が続いている自治体に警告する機能や、長期の負債もチェックする内容を盛り込んだ破綻法制の導入を検討しているということです。

たしかに早期に判断することで問題の先送りで傷口を広げるような愚行を未然に防ぐことができるでしょうが、単に財政難の自治体に冷たく最後通告するだけでは地方の切り捨てと批判されても仕方がないでしょう。やはり有力な地元企業などとも連携した、その地方の現況に沿った住民参加型のまちづくりファンドなども合わせて、自己努力による最後の再生の道も指し示すべきではないでしょうか。

総務省公式ウェブサイト
住民参加型まちづくりファンドについて(民間都市開発推進機構)
[PR]
by machizukuri | 2006-06-26 12:52 | 個人的な感想

JR西日本の安全研究所

4月に発表されたJR西日本の安全研究所の開所式が行なわれたそうです。

ヒューマンファクターを中心に鉄道事業における安全対策を多角的に研究するためにJR西日本が組織改革して新設されたものということです。

昨年の4月25日の福知山線の列車事故の記憶が薄れない内に早急にこのような組織を立ち上げるべきだったとは思いますが、今後はヒューマンエラーの分析などの研究の成果を活用して安全性向上に繋げていただきたいものですね。

JR西日本公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-06-25 18:43 | 交通

アップルストア札幌

本日6月24日、札幌の中心地に日本7店舗目のアップルストアがオープンします。

銀座、大阪、名古屋、渋谷、福岡、仙台に次ぐもので、世界では151番目のアップルストアとなるようです。この札幌の店舗はイトーヨーカドー系列のショッピングモールのアリオに移転した丸善札幌店の跡地に開業となったようです。

これでアップルストアの国内の主要都市への出店は一段落した感がありますが、次は横浜や神戸や広島などと共に、アメリカのような郊外のショッピングモールへの出店や24時間営業店舗なども視野に入っているのかもしれませんね。

a0032822_10262398.jpg

アップルストア札幌
[PR]
by machizukuri | 2006-06-24 10:25 | 再開発事例

世界初のHD DVD搭載ハードディスクレコーダー

ワールドカップには間に合いませんでしたが、画期的な製品が発売されます。

この東芝のRD-A1は39万8000円とハイエンドの価格帯で、1TBのハードディスクを搭載しているため、地上デジタルハイビジョン放送をそのままのHD画質で最大約130時間も録画することができるそうです。さらに地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵しているため、デジタルハイビジョン放送と地上アナログ放送をハードディスクに同時録画することができるそうです。

外形寸法は、457(幅)×159(高さ)×408(奥行き)ミリ、重量は15.2キロで、発売は7月14日を予定しているということです。またDLNA(Digital Living Network Alliance)対応ということで、次世代のデジタル機器間の相互接続性も問題なさそうです。ついにテラバイト級のHDに綺麗なハイビジョン映像を簡単な操作で録画できる時代になりましたが、4年後の南アフリカ大会の頃にはさらに高機能ながら普及価格帯のものが出回っていることでしょう。複数の意味で楽しみですね。

a0032822_1033931.jpg

東芝公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-06-23 10:23 | 個人的な感想

渋谷公会堂がネーミングライツを募集

渋谷公会堂が今回の改装を機にネーミングライツを導入することになりました。

この渋谷公会堂1964年の東京オリンピックの重量挙げ会場としてスタートしたということですが、老朽化のため2005年7月から改装工事中で、内外装や照明・音響などの各種設備も刷新して2006年10月1日にリニューアルオープンする予定ということですが、そのネーミングもまた新たになるようです。

契約期間は5年間で、契約には年額5千万円以上が必要となり、業務内容や決算報告など各企業情報に加え、社会貢献事業・イベント誘致など権利取得後の施設の具体的な活用案も提出させるということで、ネーミングライツを取得したい企業にとっては高いハードルとなっていますが、様々なイベントに使用される度に自然にPRされることを考えると安いものかもしれません。渋谷区では初めての試みということですが、この傾向は全国に波及してゆくことになりそうですね。

a0032822_1918831.jpg

渋谷公会堂
[PR]
by machizukuri | 2006-06-22 19:33 | 個人的な感想

エアトランセの新路線 女満別-新千歳

先日20日よりエアトランセの新路線である女満別-新千歳が就航したそうです。

函館からの便はありましたが、新千歳からのアクセスが可能となったことで、本州から世界自然遺産の知床までのアクセスが便利になりました。

エアトランセは機体広告にクリスチャン・ラッセンのアートを導入するなど様々な意欲的な取り組みに熱心な新興航空会社ですが、景気の回復基調が遅れている北海道にとっては観光の活性化の意味でも大きな存在ではないかと思われます。

先輩格のエア・ドゥもドル箱路線である羽田ー新千歳にスカイマークが参入したことに対抗して道民割引などで頑張っているようですが、エアトランセも就航を記念して期間限定のキャンペーン実施中とのことですから、道産子の皆さんも利用されてみてはいかがでしょうか。

a0032822_11595512.gif

エアトランセ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-06-21 12:17 | 交通