<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

最新東京・首都圏未来地図 1300円+税

成美堂出版から出版されている便利な首都圏再開発のムックです。

現在進行中の首都圏の再開発や建設計画、そして道路や鉄道の整備路線などの最新情報が多角的に網羅されています。

1万分の1の縮尺の地図は普通に使うのにも便利ですし、変化する街の再開発の様子を地図で確認するのも楽しいものです。空き時間にめくっていると思わぬ発見もあったりしますので、皆さんのお宅や会社でも1冊いかがでしょうか。


a0032822_1859206.jpg

成美堂出版
[PR]
by machizukuri | 2005-10-31 19:07 | 書籍

ひと・まち交流館 京都

京都の中心部にオープンしていたまちづくり関係の複合施設です。

「市民活動総合センター」「福祉ボランティアセンター」「長寿すこやかセンター」「景観・まちづくりセンター」の4つのセンターから構成されているということです。

パートナーシップによる市民参加型社会の推進と豊かで活力ある長寿社会の実現を目指して,京都市内における様々な分野のボランティア活動やNPO活動など営利を目的とせず、他者や社会に対して貢献する市民の自発的な活動を推進し支援する拠点として設置されたそうです。残念ながら完成後には施設をチェックしたことは無いのですが、ロケーションも良いことですし民度が高いエリアですから、複合施設ならではの活動の相乗効果も期待できそうですね。


a0032822_20115247.jpg

ひと・まち交流館 京都
[PR]
by machizukuri | 2005-10-30 20:27 | 個人的な感想

ウォーム・ビズ本格化

今年も残すところ2カ月近くとなり、全国的に冷え込んできました。

この夏のクール・ビズが思いのほか好調だったためか、これからの本格的な冬に向けてウォーム・ビズのキャンペーンがデパートなどで繰り広げられています。

推奨されている設定温度は20度ということですが、これにより省エネ意識が高まり、さらに今回は女性にまで冬物衣料の新規購入のモチベーションが高まればかなりの経済効果が見込めることとなるでしょう。エネルギーコストが上昇している要因もあることですし、一過性のものでなく定着してほしいものですね。

a0032822_18202752.jpg

環境省
[PR]
by machizukuri | 2005-10-29 18:30 | 個人的な感想

新イタリア文化会館

六本木のドン・キホーテに続いて、イタリア文化センターが問題となってます。

皇居と靖国神社の間に位置し、1959年より蔦が絡まるシックな佇まいの建物として親しまれてきたイタリアの文化会館がイタリアの建築家ガエ・アウレンティの設計により建て替え工事が進められてきて、明日オープンということになっていたのですが、その赤い外観が奇抜すぎるという批判が高まっているようです。

たしかに建築案を見たときには多少の違和感は感じたものですが、この通りには視線を遮る街路樹もあることですし、そのうちに外壁が汚れてくるうちに自然と馴染んでくるのではと考えていました。しかし実際に自分の家の目の前にこのような赤い建物ができると迷惑と感じることは充分に理解できますね。


a0032822_19452756.jpg

Istituto Italiano di Cultura di Tokyo
[PR]
by machizukuri | 2005-10-28 19:48 | 個人的な感想

カルティエ 南青山

ハイファッションが集積している表参道に新たな旗艦店が仲間入りです。

11月26日オープン予定のこの店は表参道の御幸通りのプラダの隣に香港系の不動産投資会社であるヴェロックスが建設中の商業ビルにメインテナントとして入居することになっているそうです。

このカルティエ 南青山はブリリアントカットのダイヤモンドをイメージして形作られているということで、インテリアのデザインは銀座2丁目店を手がけたブルーノ・モワナー氏によるものということです。表参道ヒルズも外観を現していますし、今度のクリスマスには多くの集客が期待できそうですね。


a0032822_20145281.jpg

cartier公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2005-10-27 20:26 | 個人的な感想

ヤマダ電機の池袋進出

家電量販店のヤマダ電機が、駅前型店舗で池袋に進出するそうです。

日本全土に郊外型店を作り続けてきましたが、ライバルのひとつであるビックカメラの本拠地の池袋に進出するということで、業界の内外から注目されています。

今回ヤマダ電機が池袋で出店を計画しているのは、ビックカメラの本店からわずか数十メートルの場所で、9階建てで売り場面積は5200平方mということですが、オープン時にはまたもやマスコミが大注目することになりそうですね。

a0032822_19471863.gif

ヤマダ電機
[PR]
by machizukuri | 2005-10-26 19:49 | 個人的な感想

ドン・キホーテの屋上遊戯施設

不夜城の六本木に開発中の遊戯施設が問題になっています。

ドン・キホーテの大阪店の壁面に取り付けられた観覧車が好調だったためか、六本木店の屋上にターンパイクという省スペースの遊戯施設が完成間近でしたが、最近になり急に問題視され始めました。

東京タワーと六本木ヒルズ、そして建設中の防衛庁跡地のミッドタウンプロジェクトにも近いため、景観は抜群ですから企画した担当者の気持ちも理解できるのですが、周辺への十分な説明が不足していたのが問題を大きくした原因のようですね。法的には営業を差し止めることはできないでしょうが、ドン・キホーテには周辺に対して最大限の配慮を期待したいものですね。

a0032822_19505349.jpg

ドン・キホーテ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2005-10-25 19:52 | 個人的な感想

新・五稜郭タワー計画

函館の観光名所である五稜郭タワーが、新しいタワーを建設中です。

新タワーは現在の五稜郭の近くに建っているタワーの隣接地に建設されていますが、2006年3月に竣工し、4月1日にオープン予定ということです。

新タワーは現在60mのものから98mの2層の展望台の構成となり、収容人数も現在の約100人収容から約500人にアップするそうです。また新展望台及び塔体は五稜郭にちなんだ五角形を取り入れた形になっているそうです。これで観光都市の函館はさらに魅力をアップすることになりそうですね。

a0032822_19481481.jpg

五稜郭タワー
[PR]
by machizukuri | 2005-10-24 19:57 | 再開発事例

丸の内 TOKIA

工事中だった丸の内の東京ビルが11月11日にオープンするそうです。

建物は地上33階・地下4階ですが、地下1階から3階までの飲食がメインの26店舗の商業ゾーンの名称は東京ビル TOKIAと決まったようです。

これで今まで淋しかった東京駅から東京フォーラムの間にも新たな人の流れが生まれることが期待できますし、郵政民営化が決まったことで噂が出ている巨大な敷地の丸の内郵便局の再開発がますます現実味が増してくるのではないでしょうか。

a0032822_20195942.gif

丸の内 TOKIA
[PR]
by machizukuri | 2005-10-23 20:28 | 再開発事例

カラー版のE INK

昨日まで開催されていた展示会で画期的な新製品が展示されていたそうです。

FPD International 2005というディスプレイの展示会のE INKブースで、マイクロカプセル型電気泳動方式電子ペーパーであるカラー版E INKの展示があり、2006年末にも登場する可能性があるとの報道発表があったそうです。

E INKとは画面の下に敷き詰められたマイクロカプセルの集合体に電圧をかけて画面を表示するというもので、マイクロカプセルのサイズはわずか約40ミクロンしかないという微細なテクノロジーです。これまでに単色のものはありましたが、カラーを表示するためには様々な技術開発が成されたわけですが、これが一般化して量産化により単価が下がれば日本が迎える高齢化社会には非常に歓迎すべきことでしょう。試作機はA5サイズ画面に1280×800ピクセルの解像度を持つということですが、さらなる大型化やコストダウンに期待したいものですね。


a0032822_1973211.jpg

[PR]
by machizukuri | 2005-10-22 19:21