<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

世界最大級の津波再現実験

横須賀の港湾空港技術研究所で世界最大級の津波再現実験がありました。

昨年末に起こったアジアでの津波から、長い海岸線を持った日本では都市防災の面でもマスコミからも大いに注目されるようになりました。

この研究所の基礎データの収集するための実験施設は全長184m、水深12mの規模で、約3000平方メートルの水量を誇るそうで、実物大の波が押し寄せて木造住宅を想定した木製の壁やマネキンを一瞬のうちに押し流した実験映像はかなり迫力がありました。

こういった先進的ながら地道な実証実験を積み重ねて、日本にも世界にも役に立つ技術の確立を期待したいものですね。
a0032822_1947125.jpg

独立行政法人 港湾空港技術研究所
[PR]
by machizukuri | 2005-06-30 20:05 | なんでも日本一

道路公団に捜査が

以前に道路公団の談合について書きましたが、ついに捜査が始まったようです。

アメリカを旅行して、レンタカーでフリーウェイを走るたびに感じていた不満が、これを機会にして多少は改善されることになるかもしれません。

21世紀の日本の少子高齢化時代のまちづくりを考えるにあたって重要なのは、近接した中規模な自治体同士を結ぶ高速道路網の充実でしょう。つまり中高年が余暇時間を使ってセルフドライブで観光したり、お互いの趣味を生かして交流したりするためには安全に高速移動できる道路網の整備はその地域の人口に応じて平等に進められるべきと思います。

しかし長い間、戦後の高度成長期の歪んだ論理により道路公団が金がかかって仕方がない高速道路を作り続けてきました。私の個人的な意見はアメリカのように、ほとんどの高速道路を無料化するものですが、これについてはまた別の機会に特集したいと思っています。

a0032822_1647468.jpg

[PR]
by machizukuri | 2005-06-29 20:29 | 個人的な感想

保水性舗装

まだ6月というのに都心では37度近くまで気温が上昇したようです。

昨年から汐留に立ち並んだ高層ビル群が海風を遮断するといって犯人扱いされていますが、因果関係の証明やそれ以降の損害賠償などは難しいでしょうから、何か他の対策を講じる必要がありそうですね。

そこで近年になって打ち水効果を狙った保水性舗装に注目が集まっています。これはアスファルトの表面にある隙間の中に保水力のある材料を入れたもので、そのため舗装している部分に雨水などを蓄えておくことができるので、晴天の時にはその水分を蒸発させ路面の温度を低下させることが出来るというものです。

大都市の道路をその更新時に、すべて保水性舗装に置き換えてゆけば、かなりの冷却効果が期待できるということですので、行政に期待したいものですね。

a0032822_19223616.jpg

[PR]
by machizukuri | 2005-06-28 20:48 | 用語解説

FASTECH360

世界最速の時速360キロ運転をめざす次世代新幹線のお披露目がありました。

このFASTECH(ファステック)360の試験車両は、空気力学的に最適な形状を目指した流れるようなデザインが特徴ということで、新たに開発された小型で高出力のモーターが搭載されているそうです。

地震などの非常時に速やかに停止できるように、鉄道車両として初めて屋根から猫の耳のような空気抵抗板を出してスピードを落とす構造みたいです。 車両開発費は約50億円で、2011年頃に営業運転開始となるそうですが楽しみですね。

a0032822_1971174.jpg

東日本旅客鉄道株式会社
[PR]
by machizukuri | 2005-06-27 19:46 | 交通

万葉倶楽部

先日、横浜のみなとみらい地区に誕生した大規模な温泉施設です。

温泉と言ってもみなとみらいで湧出したわけではなく、湯河原の源泉から専用のタンクローリーで毎日運ばれるということですが、有効成分が含まれた天然温泉を使用しているのは間違いないということですから悪くはないでしょう。

この施設は地上8階建てで、延床面積約20,600平方メートルの規模ということで、「みなとみらいの美しいまちなみに囲まれて、和の温泉情緒に浸れる」ことを特色にしてに横浜だけではなく、広域からも集客する計画のようです。

和の情緒を重視して、みなとみらいの歴史の一部として横浜市民や観光客のみなさまに親しんでいただけるようにするのが目標ということですが、これから本格化する高齢化社会や団塊の世代の定年などが追い風となってくれるでしょうか。

a0032822_1842144.jpg

万葉倶楽部
[PR]
by machizukuri | 2005-06-26 20:34 | 再開発事例

巡回警備ロボット ガードロボD1

煙を検知して消火活動まで行う巡回警備ロボットの発表がありました。

これは港区の警備会社の綜合警備保障がビル内を巡回する警備ロボットであるガードロボD1を試験的に導入することを決めたというもので、監視カメラ付きで館内の状況を警備センターに送信し、煙を検知して消火器も使えるということです。

身長は約1メートル、体重が90キロで、時速約1キロで自動走行することができるそうで、巡回経路を入力するだけでエレベーターも乗り降りしてビル全体を警備でき、この画像のように自分で充電位置まで戻ってチャージすることもできるということです。また赤外線や超音波センサーなども備えており、煙のほか不審者や漏水も知らせる機能があるそうですから頼もしい存在ですね。 。

a0032822_1319433.jpg

ALSOK:綜合警備保障
[PR]
by machizukuri | 2005-06-25 20:13 | 個人的な感想

Cool Vest

空調服のように動力を使わずに、体感温度を下げる効果のある服です。

これはPCM(相変化材料)という仕組みを利用して、電気などを使わずに着衣している人の胴体部分から熱を吸収して冷涼感を与えるというシステムのようです。

ベストの内側に並べて内蔵された固体のPCMがゼリー状に柔らかくなるまで熱吸収は続くということです。またゼリー状になった後も28度以下の冷暗所に置いておくことで固体に戻るという性質ということで、繰り返し使用することが出来るという仕組みのようですから、これからの時代にあった優れた商品と言えそうですね。

まだ高価なもののようですが、こういったものが普及するためにはコストダウンが欠かせません。使う会社が増えれば量産効果が期待できるわけですから、資金に余裕がある企業から真剣に導入を検討してもらいたいものですね。

a0032822_20353443.jpg

日本ブロアー株式会社
[PR]
by machizukuri | 2005-06-24 20:55 | 個人的な感想

サスティック

USB接続メモリータイプのPCの自己設定などを持ち運ぶ新ツールです。

初期設定や面倒なインストールも一切不要で、ファイルやメールアカウントに加え、アドレス帳やお気に入り、さらに付箋紙なども1つのUSBタイプの端末で持ち運ぶみたいな感覚の便利さがこの商品の特徴のようです。

インターネットに接続されたPCに挿すだけで、認識、起動、設定、認証などを自動で行うということですから、海外や国内での移動が多い方に便利な商品でしょうね。

本格的なユビキタス社会が実現すれば不要となるツールでしょうが、現段階で移動先のPCを借りたりする機会が多いような方なら、さほど高いものではありませんので導入なさると便利でしょうね。

a0032822_2010567.jpg

SASTIK - 0 MB 公式ホームページ
[PR]
by machizukuri | 2005-06-23 20:30 | インターネット関連

Google Maps

Google Mapsのサテライト画像に、日本の都市も追加されたそうです。

以前から全米の衛星画像を提供していたGoogleの地図検索サービスであるGoogle Mapsのサテライトモードに、ロンドンなどと共に東京の詳細な衛星写真が追加されたようです。

これは上場して資金に余裕がある米Googleが、昨年10月に買収した企業の技術を使って、衛星写真を無償で提供を開始したものが世界規模に拡大しつつあるのでしょうが、なかなか有難いものですね。 皆さんもご自分のお住まいの街をチェックされてみてはいかがですか。

a0032822_2075526.gif

Google Maps
[PR]
by machizukuri | 2005-06-22 20:18 | インターネット関連

フェスティバルウォーク 蘇我

シネコンなどもある新しいコンセプトのフェスティバルタイプの商業施設です。

これは千葉市の副都心である蘇我臨海開発プロジェクトのウォーターフロントエリアで開発されたもので、シネコンや温浴施設、アミューズメント施設、ムシキングワールド、海鮮市場などで構成されています。

かなり臨海の工業エリアのイメージが強いところですが、周辺人口も多いことから今後は後発の開発との相乗効果で大きく変化してゆきそうですね。

a0032822_2039324.jpg

フェスティバルウォーク 蘇我
[PR]
by machizukuri | 2005-06-21 20:53 | 再開発事例