<   2005年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

日本道路交通情報センター

大型連休も始まりましたが、皆さんは渋滞に巻き込まれていないでしょうか。

このJARTICという組織は1970年1月に設立して、交通管理機関(警察庁、都道府県警察本部)や道路管理機関(国土交通省、日本道路公団、首都高速道路公団、阪神高速道路公団、本州四国道路公団、道府県土木部等)などの委託により道路交通情報の収集や提供業務を行っているそうです。

全国142ヶ所に職員を配置し、交通管制システムとオンラインで結んで刻々と変わる道路交通情報を収集・整理・分析して、道路利用者に電話・ラジオ・テレビ・携帯電話・カーナビ等のメディアを通して情報の提供を続けているそうです。

a0032822_20172841.gif

日本道路交通情報センター
[PR]
by machizukuri | 2005-04-30 20:22 | 交通

尼崎 JR福知山線脱線事故2

尼崎で起きた脱線事故から5日目となり、一応の捜索は終了しました。

先頭車両内で高見隆二郎運転士や乗客の遺体を相次いで収容して死者はこれで106人になり、戦後の列車事故史上4番目の大惨事となりました。捜索終了後に本格化した現場検証では、最初の脱線個所とみられる7両目後方のレールや各車両の状況などを入念に調べるということで、検証は5月5日頃まで続く見通しと発表されています。

当然ながらJRも原因が究明されなければ、今後の事についての方向性も示せないのでしょうが、事故発生直後に批判されるような事柄が続いたので、被害者の関係者や沿線住民などに対して最大限の配慮が必要となるでしょう。

再発防止にゼロベースで取り組むことは当然でしょうが、今回の事故現場はJRが責任を持って買い取り、追悼の場を兼ねた都市公園として整備して尼崎市に寄贈すべきではないでしょうか。

a0032822_2065767.jpg

[PR]
by machizukuri | 2005-04-29 20:34 | 個人的な感想

イオン三笠ショッピングセンター

4月26日にスーパーセンターとして北海道に初出店したイオンの新店舗です。

24時間営業のイオンスーパーセンター三笠店と40の専門店とによる平屋建で、ガソリンスタンドも併設してるということです。

三笠市はかつて炭鉱を中心に栄えた地方都市で現在は衰退気味ですが、北海道のほぼ中央に位置しており、高速インターにも近いことから出店地として選ばれたようです。専門店はアパレルや飲食を中心に多彩な専門・サービスが集められており、9時から23時まで営業しているということで利便性も高いようですね。

a0032822_19285362.jpg

イオン
[PR]
by machizukuri | 2005-04-28 20:34 | 再開発事例

大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)

4月23日にオープンした呉市の海事歴史科学館は、大和が目玉のようです。

呉市での明治以降の日本の近代化の礎となった造船や製鋼などの技術は日本の戦後復興をも支えた重要なもので、その先人の努力や当時の生活や文化を紹介する施設が新規に建設されたということです。

館内には10分の1サイズの戦艦大和が展示され、大型資料展示室の零式艦上戦闘機や人間魚雷「回天」、特殊潜行艇「海龍」などはすべて本物ということで、マニアにはたまらないものでしょうね。入館料は一般500円、高校生300円、小・中学生200円で、JR呉駅から徒歩5分ということですからアクセスも問題ないようです。

a0032822_19485225.jpg

呉市海事博物館推進室(大和ミュージアム)
[PR]
by machizukuri | 2005-04-27 19:59 | 再開発事例

小樽出抜小路

小樽に大型連休直前にオープンしたばかりのレトロチックな商業施設です。

かつて色内大通り近くを小樽市民が出抜小路(でぬきこじ)と呼んでいた歴史を踏まえて、古き良き時代の賑わいを現代に甦がえらせようと、北海道土産の白い恋人で有名な石屋製菓により開発された新築の屋台村です。

この商業施設では先発の屋台村と差別化を図るためにも、出店者選考は厳格な書類選考・面接・試食会を経て、狭き門をくぐり抜けた選り抜きの24店を揃えてあるそうです。小樽にさらなる活気を与えることができるか期待したいものですね。

a0032822_1656273.jpg

小樽出抜小路
[PR]
by machizukuri | 2005-04-26 20:40 | 再開発事例

尼崎 JR福知山線脱線事故

尼崎市の福知山線の脱線事故では現在50人の死亡が確認されています。

重軽傷者も300人を越え、42人が亡くなった1991年の信楽高原鉄道事故を上回る大惨事となってしまい本当に残念です。現在もレスキュー隊による懸命な救出活動は続いていますが、まだ先頭車両に4人の生存が確認されており、早く救出されることを祈るのみです。また被害に遭われた方や、ご家族・ご友人の皆さまには心からお悔やみ申し上げます。

報道を見ていて気になったことは現場付近に設置されている列車自動停止装置は最も古いタイプで、赤信号を通過した場合以外は速度超過があっても自動ブレーキがかからないシステムだったことです。安全は何よりも優先されることを関係者はこの事故を契機に猛省していただきたいものです。

JR西日本は午後の記者会見で、現場付近のレールの上に石が砕けたようなあとがあったのを社員が確認したと発表し、兵庫県警は脱線との関連を調べているということですが、早い原因の究明と再発防止に期待したいものです。最近では対衝撃性があるHDDが開発されていることから、フライトレコーダーのように事故を記録する仕組みを義務付けるべきかもしれませんね。

a0032822_19132441.jpg

[PR]
by machizukuri | 2005-04-25 19:22 | 交通

福島町 青函トンネル記念館

北海道側の青函トンネル記念館が新しくオープンしたそうです。

難工事だった青函トンネルの歴史を後世に伝え継ぐ施設で、以前に道立の記念館があったそうですが、老朽化と赤字のため2002年に閉館し、新規にトンネルをイメージした2棟のドーム型の建物で甦ったそうです。

記念館は工事の調査から開業に至るまでの様子を示す映像や写真パネルなどが展示されているそうで、工事に携わった人たちの苦労がしのばれるということです。開館は11月30日までで、(12月1日~3月31日は休館)入場料は一般400円、高校生以下200円とのことです。

a0032822_20323614.jpg

[PR]
by machizukuri | 2005-04-24 20:39 | 再開発事例

神戸タイムズメリケン

神戸のメリケンパークで8月31日まで開催される期間限定イベントです。

「震災10年 神戸からの発信」という主旨で開催されるさまざまな情報発信拠点で、震災をのりこえた地域の人、神戸で長年培った技を伝える人、これからの神戸ブランドづくりを担う若者や学生、自立と社会参加を目指す障害者など、いろいろな「人」を主役に神戸の元気と魅力を発信するイベントということです。

スウィーツ&カフェコーナーではKOBE洋菓子セレクションということで神戸で評判の洋菓子店が5週間ずつ入れ替わり出店し、133日間で20店舗のオリジナルスウィーツが楽しめるということですが、神戸らしい催し物で期待出来そうですね。

a0032822_18545996.jpg

タイムズメリケン
[PR]
by machizukuri | 2005-04-23 20:43 | 再開発事例

函館朝市どんぶり横丁

ゴールデンウィーク前でオープンが相次ぐ北海道の新しい観光施設です。

これは元からあった朝市を移転した低層の集合店舗で、22日のプレオープンして25日にグランドオープンするということです。

内容としては食堂10店、土産物店4店、ラーメン店2店、ケーキ店、包装資材販売店がそれぞれ1店ということです。25日は午前5時の花火を合図に全店が一斉にオープンし来場者を振る舞い酒でもてなすそうですし、各店が趣向を凝らした500円のワンコインメニューを販売するそうで大いに賑わうことになりそうですね。

北海道新幹線工事もスタートするそうですし、周辺との合併により30万都市が目前で、中核市を目指して次のステップを踏み出した函館市ですが、先にオープンしたクラッシックカーの博物館などと共に小さな魅力の積み重ねが長引く不況に打ち勝つことが出来るかなどが全国から注目されています。

a0032822_1340157.jpg

[PR]
by machizukuri | 2005-04-22 20:15 | 再開発事例

千歳アウトレットモール Rera

千歳空港近くに北海道初の本格的アウトレット施設がオープンとのことです。

「Rera、という選択。」というコピーは難解ですが、アメリカの町並みに95のブランドを集積させたオープンモールということで普通のアウトレットのようです。

4月27日に招待プレセール、29日にグランドオープンということですが、空港に近いということはアクセスも便利でしょうから大いに賑わうことになるのでしょう。しかしオープンモールという選択が集客期間を短くしてしまうのではないかと心配ですね。

a0032822_18463436.jpg

千歳アウトレットモール Rera
[PR]
by machizukuri | 2005-04-21 20:35 | 再開発事例