<   2005年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

愛知万博の不安材料

開催側の入場予想を下回ってスタートした愛・地球博にトラブルが起きたそうです。

今回のテーマは環境ということで、長久手会場を1周する全長2・6キロの空中回廊グローバル・ループの中央部は廃木材と廃プラスチックを混ぜた材料を使用していて耐久性は強いということでしたが、開幕前にトラムや工事用車両が走行したためか数百枚に破損やひび割れが見つかったそうです。

外国のパビリオンは開催日に間に合わなかったものもあるそうですし、弁当や飲み物の持込制限なども問題になってるそうですが、そういった開催側の不手際やセルフィッシュな論理のものはいずれ是正されていくものと思いますが、それが集客の回復に繋がってくれれば良いのですが。
[PR]
by machizukuri | 2005-03-31 19:35 | 個人的な感想

新東京タワー

2011年のデジタル放送化のために検討されてきたタワー構想がまとまりそうです。

NHKと在京民放5社は地上デジタル放送の電波塔として建設構想中の新東京タワーの第1候補地を墨田・台東エリアの業平橋・押上地区にすることにしたそうです。

新東京タワーは地上610メートルで、完成すれば世界一となるそうで、新たな東京の観光スポットのひとつとして期待されるのではないでしょうか。地上350メートルと450メートルに展望ロビーと特別展望ロビーを設置する構想があるそうで、商業施設やレストランなども設置して建設費は500億円の予定ということです。タワーなら高層でも海風を遮って、夏のヒートアイランド化にはあまり影響が少ないのかもしれませんね。

a0032822_10522434.jpg

新東京タワー区内建設誘致情報
[PR]
by machizukuri | 2005-03-30 20:32 | 計画・構想

国道1号4バイパス無料開放

明後日からは4月で増税ラッシュと言われていますが、無料になったものがありました。

国土交通省が有料道路であった一般国道1号藤枝バイパス・掛川バイパス・磐田バイパス・浜名バイパスを日本道路公団から買い取り、本日2005年年3月30日(水)22時よりようやく無料開放されます。

これまでも有料4バイパスは夜間(22時から6時)無料開放されていましたが、無料になる時間を待つ長距離トラックの列が問題視されてきました。今回国道1号線の交通渋滞の緩和、交通事故の削減、沿道環境の改善などを 目的として、日本道路公団の一般有料道路として周辺のバイパスに先立って開通したバイパスが無料化されることにより様々な経済効果が期待されるのではないでしょうか。
(無料開放に伴い、回数券の払戻しの手続きが実施されているそうです)

国道1号4バイパス無料開放
[PR]
by machizukuri | 2005-03-29 20:40 | 交通

さくら開花情報

今年は季節外れの寒波到来で桜の開花が遅れていましたが、宮崎などで開いたようです。

日本気象協会のウェブサイトなどに予想図がありますが、これから暖かい日が続けば太平洋側の桜は一気に開花しそうですね。

たまには桜の下で胸襟を開いての本音モードでのまちづくり談義なども気分転換になって良いかもしれません。ただ飲みすぎと話のヒートアップにはご注意くださいませ。

a0032822_20273310.jpg

tenki.jp さくら情報
[PR]
by machizukuri | 2005-03-28 20:34 | インターネット関連

市町村合併情報 

グリグリさんが運営する都道府県市区町村のサイト内のでるでるさんの市町村合併情報サイトです。

全国の合併後の市町村の新名称、参加自治体、合併予定日、合併種別、官報告示日、協議会名称、合併協議状況、合併後の予定人口・面積などの最新情報を集めてある便利なウェブサイトです。変りゆく日本の姿をマクロ的な視点で捉えることが出来る有難いもので、細やかな配慮には頭が下がる思いです。

市町村合併推進のための合併特例法の期限を事実上1年間延長する合併特例法改正案が2004年5月19日に成立しましたが、なんと2005年3月28日には茨城県かすみがうら市や栃木県さくら市など11市4町1村が誕生するようです。個人的にはひらがなの市名にするのはその地域の歴史的な背景を将来に引き継いで行かなくなる傾向になりえるので反対なのですが、全国的に増える傾向のようですね。

a0032822_8332639.gif

市町村合併情報
[PR]
by machizukuri | 2005-03-27 20:05 | インターネット関連

リバーサイドカフェ SUITO21

大阪21世紀協会が水辺空間利活用の社会実験として水上カフェをオープンしていました。

その名もリバーサイドカフェ SUITO21というもので、天満橋と淀屋橋のたもとでこれからの桜の期間に市民の憩いの場として賑わうことになりそうでした。

雨天休業は仕方ないとしても営業時間が12:00~21:00というのは少しお役所的ですし、クラシックやジャズというのもありきたりな感じがしました。ネットで全国の花の名所とリアルタイムに繋いだりして、各地のイベントを共有したりなど工夫の余地はあるのではとも思いましたが。ネット中継で水都サミットなどを試みてみるのも面白いかもしれませんね。

a0032822_1915365.jpg

財団法人大阪21世紀協会
2005大阪川開き 水上レストラン-さくら舟
[PR]
by machizukuri | 2005-03-26 20:09 | 観光

愛知万博開催

今朝の9時半からの愛・地球博の開場が、人気のために15分ほど早められたそうです。

オリンピック誘致に失敗した愛知県とトヨタを代表とする企業が総力を結集して開催するわけですからぜひ成功してほしいものですが、半年という長丁場ですから万全を期していただきたいものですね。

連日テレビでも万博会場のことは取り上げられていますので、このブログでは私の個人的な予想を書いておきます。まったく根拠が無い話ですから外れてもあしからずです。

まず入場者数は目標に届かないと思います。理由はゴールデンウィークの頃には飽きられそうなことと、夏の猛暑がブレーキとなることなどですが、もしかしたら治安上の理由もそれに加わるかもしれません。

次に一般的な評価ですが、これは開催者にとっては厳しいものになるのではないでしょうか。関係者の努力だけでは入場料などのコストと満足度の乖離を埋めることは出来ないと思います。

私も会期中にまた愛知県に行く機会は無さそうですが、ひとつだけ実物を見たいものがあります。それはソニーの2005型スクリーンの「レーザー ドリームシアター」です。これは数年前に横浜の展示会で発表されたものを進化させたものだと思いますが、ロボットと共に21世紀に花咲く画期的な新技術と私は注目しているのですが、一般的な評価は低いようです。これは近未来に家庭のプラズマテレビなどを時代遅れにしてしまうと予想しているのですが、、、

a0032822_17135765.jpg

これは万博会場近くの道路に設置された反射板です。
[PR]
by machizukuri | 2005-03-25 20:54 | 個人的な感想

丹下健三氏 死去

明日から愛知万博ですが、70年の大阪万博を手がけた建築家がこの世を去りました。

3月22日にお亡くなりになった丹下健三氏は広島平和記念公園、東京オリンピック開催時の国立代々木競技場、東京都庁舎など数々の人々の記憶に残る建築を手がけてこられてきました。

60年代の高度成長期からバブル時代と氏の活躍された時代はまさに建築界に追い風が吹いていた時期でしょうし、建築素材や技術の進歩もあり、普通に考えれば建築家にとっては悪くなかったことでしょう。


丹下氏の実績や名声を疑う人は少数派でしょうが、総工費1500億円を超えた都庁については、そのデザインから「バブルの塔」との批判の声もありました。たしかに私も個人的には国際コンペで低層案を本命と確信していただけに不思議に感じたものでしたが。氏のご冥福をお祈りします。

a0032822_19194988.jpg
KENZO TANGE OFFICIAL SITE
[PR]
by machizukuri | 2005-03-24 20:26 | 個人的な感想

福岡市交通局 七隈線

福岡の中心部から福岡大学を経て南西部へと延びる地下鉄の新路線です。

地下街を延伸させることを優先したためか、この新しい路線から在来のものに乗り換えるためにはかなり歩かされることになっていますが、それは冷暖房完備のきれいな地下街ですので健康のためと自分に言い聞かせれば許容範囲かもしれません。

始発駅の天神南から終点の橋本まででは320円と割高な印象なのですが、慢性的な交通渋滞の緩和に役立つのなら路線の住民には我慢していただくべきかもしれません。しかし自動車からのスイッチを掘り起こすためには大胆な価格設定が不可欠のように思えますが。

a0032822_18355713.jpg

福岡市交通局
[PR]
by machizukuri | 2005-03-23 20:23 | 交通

福岡ビルのガラス落下

すでに報道番組などで解説されているのですが、ガラス落下について考えてみました。

この福岡ビルのような古いビルはガラスの固定方法が古く、地震の振動を受け止めることができずに限界を迎えてしまったわけですが、今回は日曜日ということもあり直接的な被害も少なくて幸運だったと思えます。

根拠が無い神話が生きていた福岡で起きた今回の地震でも、日本に安全な場所が無いことがあらためて再認識されたことでしょうが、全国の都市の大勢が行き交う繁華街のビル街で地震が発生すればガラス落下の危険があることを教訓として示してくれたと考えるべきではないでしょうか。

不況下で経済的なことが理由でビルの更新が進まないことは、危険な状況を先送りしてしまうことになりますが、それではビルのオーナーや行政の怠慢と言われても仕方が無いことでしょう。今回の事を重く受け止めて飴と鞭の政策を用意して老朽化したビルをゼロに近づける努力が必要ではないでしょうか。

a0032822_17271314.jpg

[PR]
by machizukuri | 2005-03-22 20:20 | 個人的な感想