<   2004年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

初詣とまちづくり

様々な事件が相次いだ2004年も残すところ数時間で終わろうとしています。

新年を迎える前に有名な初詣スポットを紹介して今年の最後としたいと思います。

明治神宮 初詣参拝者数が毎年全国1位を記録することで有名な都心の初詣スポットですが、こちらは大正9年に創建された比較的新しい神社ということです。

川崎大師 交通安全のご利益でも有名な川崎の湾岸エリアに位置するお寺で、こちらも詣参拝者数が多く、年末年始には周辺が一気に賑やかになります。

伊勢神宮 伊勢市のシンボルとして観光集客の要であり、外宮と内宮により成り立っています。参道には多くの土産物店が並び、遠来の参拝者をもてなしています。

厳島神社 宮島にある航海安全のご利益があるという神社で、今年の台風で国宝建築が大きな被害を受けましたが、かなり修復は進んでいるようです。

大宰府天満宮 学問の神様の菅原道真公を祀っていて全国的な知名度があります。2005年10月15日には隣接地で工事中の九州国立博物館が開館予定です。
[PR]
by machizukuri | 2004-12-31 19:50 | 個人的な感想

2004年の10大ニュース

2004年も残すところわずかですが、1年を10大ニュースで振り返ってみましょう。
共同通信の2004年の10大ニュースは国内が以下のようなものでした。

 1位 震度7の新潟県中越地震が発生、死者40人
 2位 イラクで邦人の殺害、拉致。自衛隊の派遣を延長
 3位 台風上陸が最多の10個、集中豪雨でも被害
 4位 北朝鮮拉致被害者家族が帰国、ジェンキンスさんも来日
 5位 プロ野球が大再編、選手会は初ストライキ
 6位 三菱自、西武鉄道など名門大企業のモラル問われる経済事件
 7位 小学6年の女児の同級生殺害など子どもをめぐる事件多発
 8位 国民年金未納問題官房長官ら辞任。年金改革法成立
 9位 参院選挙で民主党が躍進、新代表に岡田氏
10位 79年ぶりに国内で鳥インフルエンザ

海外になりますと以下のようなもので、番外には最近の津波も入っています。

 1位 イラク情勢は混迷、米軍の死者1200人超
 2位 ブッシュ米大統領が民主党ケリー候補破り再選
 3位 アテネ五輪で日本選手善戦、メダル最多の37個
 4位 米大リーグでイチロー、松井秀喜らが活躍
 5位 アラファト・パレスチナ自治政府議長が死去
 6位 北オセチアの学校占拠などチェチェン独立派のテロが続発
 7位 中国で江沢民軍事委主席が退任、胡錦濤国家主席の権力確立
 8位 原油価格が高騰、一時1バレル=50ドル台
 9位 アジアで鳥インフルエンザが猛威
10位 スペインで列車同時爆破テロ、死者多数
 番外 スマトラ沖地震と津波で10万を超えそうな犠牲者

こうしてみると今年は重大な事件が相次いだ一年だったんだなあと改めて感じました。個人的には東京でも40度近い猛暑となり、汐留エリアの高層ビルが犯人扱いされたことなどが記憶に残っています。湾岸エリアが大きく変化した年としても建築業界では歴史に残るのではないでしょうか。

a0032822_20215863.jpg

共同通信2004年10大ニュース
[PR]
by machizukuri | 2004-12-30 20:14 | 個人的な感想

竹田市 竹灯篭「竹楽(ちくらく)」

最近は大規模な光りのイベントを紹介してきましたが、最後は少し変り種です。

この大分県の竹田市の手作りの灯りのイベントは、観光協会により観光浮揚策の一環として、2000年から始められたということです。

総人口が16881人で高齢化率も高い山の中の小さな市ですが、 かつては7万石の城下町として栄え、武家屋敷などが点在している町並みを生かすイベントとして、竹灯籠が企画されたということですが、なかなか幻想的で良さそうですね。

開催期間は今年は11月だったということですが、年末年始の雪景色の中でも開催してみてほしいものです。ちなみにこの竹灯篭はイベント終了後には竹炭として有効活用されるエコイベントでもあるということですが微笑ましい感じがしますね。

a0032822_12212437.jpg

たけた竹灯篭「竹楽(ちくらく)」
[PR]
by machizukuri | 2004-12-29 20:00 | イベント

GROUND ANGEL 横浜赤レンガ倉庫

横浜の赤レンガ倉庫で開催中のちょっと変わった光りのイベントです。

2002年から石井竜也氏によりプロデュースされているGROUND ANGELという光と音のインスタレーションは、N.Y.テロに対する鎮魂の意味があるそうですが、石畳に大型プロジェクターで投影する手法は現代的で横浜の新名物として定着しそうな感じでしたが、残念ながら今年が最後ということで三部作の完結編となるフィナーレのカウントダウンでは石井竜也氏がメッセージを贈る予定ということです。

開催期間 2004年12月10日(金)~12月31日(金)
時間 17:00~22:00 上映時間15分弱/1回
  毎時00分/20分/40分に上映
(※12月31日は24:00まで延長し、カウントダウンを実施)
会場 横浜赤レンガ倉庫 イベント広場

a0032822_13285015.jpg

横浜赤レンガ倉庫 GROUND ANGEL
[PR]
by machizukuri | 2004-12-28 20:23 | イベント

さっぽろホワイトイルミネーション

1981年からと歴史ある北のイルミネーションイベントも紹介しておきましょう。

この札幌の電飾のイベントは、秋の観光シーズンからさっぽろ雪まつりをつなぐイベントとしてスタートして今年で24回目ということですが、景気の回復が遅れているという今年も約37万個の電飾が大通公園と駅前通を光り輝かせているようです。

開催期間は大通会場が2004年11月19日(金)~2005年1月4日(火)で、駅前通会場は2004年11月19日(金)~2005年2月13日(日)ということです。
ちょっと寒いのが難点でしょうが雪景色とのマッチングは格別でしょうね。

a0032822_18203293.jpg

さっぽろホワイトイルミネーション
[PR]
by machizukuri | 2004-12-27 20:58 | 再開発事例

神戸ルミナリエ

ミレナリオを紹介したら、元祖イベントの神戸ルミナリエは外せないでしょうね。

この画期的な都市イベントは1995年12月に阪神・淡路大震災の鎮魂と、都市再生の願いを込めて開催されたそうで、今年で10回目を迎えるそうです。

私は開催期間はお正月までと勘違いしていましたが、12月13日から本日の12月26日まででした。年末年始も集客効果があるでしょうから惜しいと思いましたが、運営姿勢が潔い感じもしますし、神戸の地域特性を考えてのことなのでしょうね。

ルミナリエの語源はイタリア語のIlluminazione Per Feste(祝祭のためのイルミネーション)ということで、イタリアのアートディレクターのヴァレリオ・フェスティ氏と神戸市在住の作品プロデューサーの今岡寛和氏による電飾22万個からなる“光の彫刻作品”ということです。

すっかり神戸の冬の風物詩として定着した感があるルミナリエの会場への交通はJRの三宮や元町、阪神の同駅などで、アクセスと周辺の環境とも文句ありません。
ルミナリエを見た後も100万ドルの夜景が楽しめるロマンティックな神戸港も近いですから、これは羨ましいかぎりですね。

a0032822_14112532.jpg

神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホームページ
[PR]
by machizukuri | 2004-12-26 14:18 | 観光

東京ミレナリオ

先日はけやき坂でしたが、クリスマスにはミレナリオを紹介しておきましょう。

このシーズンの丸の内の名物となった感がある東京ミレナリオは、クリスマスイブの12月24日から新年の1月1日までの短期間のイルミネーションのイベントですが、これまで5回の総来場者が1230万人を超えるまでに成長しているそうです。

光の彫刻「パラトゥーラ」による約400メートルの光の回廊「ガレリア」は入場無料で、最寄り駅のJR東京駅から有楽町方面まで、多くの見学者が寒さを忘れて見上げながらゆっくりと歩く姿は明治神宮の初詣と共通するものがある感じです。

このガレリアを構成する光のアーチを公式ウェブサイトでは「祝祭空間」と表現していましたが、たしかに多くの人間が一方向に光に導かれて歩く姿は祝祭体験と近いものがあるのかもしれませんね。しかし見学者の多くは帰宅するために乗る地下鉄などで現実の世界に引き戻されてしまうのですが。

a0032822_1912038.jpg

東京ミレナリオ 公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2004-12-25 20:12 | 観光

けやき坂イルミネーション SNOW & BLUE

本日はクリスマスイブということで、イルミネーションについて書いておきます。

近年のトピックスとしては、昨年から六本木ヒルズのけやき坂で始まった青いLEDのイルミネーションでしょう。テレビ朝日の天気予報でもたびたび登場しますので、すでに全国的にも有名でしょう。

光源が消費電力が少ないLEDで、発熱もせず植物に悪影響を与えないという話で、ずいぶん価格も下がったことから今後は日本中の街に増えそうな気配です。
点灯期間は11月4日(木)から1月31日(月)までの17:00から23:00までということで、シーズン中は多くの観光客で賑わうことになりそうですね。

a0032822_12204193.jpg

けやき坂イルミネーション SNOW & BLUE
[PR]
by machizukuri | 2004-12-24 20:30 | 観光

小田急線新駅 はるひ野

小田急では多摩線唐木田駅以来の新駅となるはるひ野駅を開業したそうです。

小田急電鉄としては全線で70番目の駅で、新宿からは26.4kmに位置する田園風景が残るニュータウン構想にともなった開発で、バリアフリー設備を充実させ、風力発電システムを設置するなど、環境にも配慮した駅舎となっているそうです。

風力発電システムは有名なメーカーのゼファー製で10基が採用され、ゼファーによれば、本格的な風力発電システムの駅舎への導入は国内で初めてということです。

a0032822_204927100.gif

小田急電鉄
ゼファー
[PR]
by machizukuri | 2004-12-23 20:51 | 再開発事例

パレフランスビル跡地の複合ビル計画

一昨日お伝えしたKDDIビルのお向かいに複合ビルの計画がありました。

原宿の竹下通りと明治通りが交差する絶好の立地で、長年親しまれてきたパレフランスビルはしばらくの間ゴーストタウン状態でしたが、ようやく高度利用する計画がまとまったようです。隣接する東郷神社の一部敷地を含めて一団地認定を受けることで所有の敷地以上の容積率を得る予定ということで、計画では地上24階・地下3階建てで、このあたりでは珍しい120mの高層ビルとなるそうです。

地下1階から地上3階までが物販や飲食の店舗となり、4階以上が事務所となる予定で、2007年3月完成ということです。交通は既存のJR原宿駅と地下鉄明治神宮前駅に加えて、目の前の明治通りの地下で工事中の都営13号線が完成すれば、さらに利便性が高まることになります。借景として東郷神社の緑を利用できることもあり、完成後には人気のテナントビルとなるのではないでしょうか。
[PR]
by machizukuri | 2004-12-22 20:53 | 再開発事例