カテゴリ:書籍( 46 )

ルイ・ヴィトン シティ・ガイド東京2009 4000円+税

11月1日にミシュランとは一味違った東京のガイドブックが発売されました。

フランスの高級ブランドのルイ・ヴィトンからヨーロッパの32都市とニューヨークのガイドに続いて東京版のガイドブックが発売されたのですが、高級ホテルや有名レストランなどの他にカプセルホテルや銭湯、神田の古本屋といった庶民的な店も載っているというユニークさが話題となっています。

ルイ・ヴィトンの店舗で日本語版と英語版の2種類が販売されるということですが、日本語版のみ全国の紀伊国屋書店、または紀伊國屋書店BookWebでも購入できるようです。

a0032822_15475465.jpg

ルイ・ヴィトン公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-11-03 15:57 | 書籍

地域再生の流通研究 3000円+税

中央経済社から出版された都市と流通の関係を掘り下げた内容の本です。

副題に「商業集積間競争とまちづくりの視点」とありますが、郊外型の大規模商業施設が再編の時代に入った段階での地域再生が流通論や商業論といった視点から模索されているようです。今後のまちづくりのあるべき姿を考察するために役立ちそうな1冊です。


第1部 流通理論とまちづくり(市場経済とまちづくりの論理;商業研究と「まちづくり」;まちづくりと商店街活性化問題:環境の時代を迎えて)

第2部 商業と地域経済(都市経済の動態と小売業の役割;中小小売業の現状と地域;商業集積間競争と地域;都心商業と郊外商業;流通外資と地域の生活文化)

第3部 まちづくりの論理と流通業(まちづくり三法の現状と課題;流通政策の展開とまちづくり;参加型まちづくりと流通)

a0032822_11552471.jpg

中央経済社公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-10-06 12:27 | 書籍

自由が丘オフィシャルガイドブック 700円 (税込) 昭文社

自由が丘の商店街が発行するオフィシャルガイドブックの最新号です。

2月27日に全国の主要書店やコンビニエンスストアなどで販売されるこの自由が丘のガイドブックは隔年発売の地元オフィシャルガイドブックとして人気を集めているものの24号目ということで、前身にあたる「パンフレット自由が丘」発行から50年目の節目になるということです。

最新号のコンセプトは自由が丘の百科事典で、箱入りの街ガイド編と店ガイド編の2冊セットとなっているようです。商店街が編集したものの草分け的な存在で、発行部数は日本一のオフィシャルガイドブックだということですが、裏道などが多い自由が丘の街歩きには便利でしょうね。

a0032822_10585134.jpg

自由が丘オフィシャルガイド公式ウェブサイト
昭文社の関連ページ
[PR]
by machizukuri | 2008-02-27 10:59 | 書籍

福岡「かなたけの里公園」整備構想

福岡市での既存の田畑を利用して農業体験ができる公園整備の構想です。

財政難のために自然動物公園の建設を白紙化した西区金武地区の土地を利用しようとするもののようで、早ければ2008年から用地買収に乗り出して2011年のオープンを目指す方針のようです。

公園を整備するのは約14ヘクタールで、来園者に田植えや稲刈り、ブドウ栽培などを体験してもらうことを想定しているようです。残りの約4ヘクタールは芝生広場とて駐車場にも併用できる多目的広場として整備する方向のようです。本格的に少子高齢化時代が進む時代にこのような都市近郊型の公園整備の動きは全国にも広がるのではないでしょうか。

福岡市公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-10-23 09:10 | 書籍

’08 東京・首都圏未来地図 最新版 1000円+税

また成美堂出版から首都圏の変化に関するムックが出版されました。

丸の内、東京駅周辺、潮留など首都圏は急速に変わりつつありますが、その最新の情報をビジュアル地図で丁寧に詳しく紹介してあり、鉄道や道路などの最新の首都圏のインフラ整備計画も網羅されています。

<CONTENTS>
■ 驚愕の大変貌
■ 新タワー 隅田河畔にそびえる「610m」
■ 新百貨店戦争と渋谷駅周辺の激変
■ 2016東京オリンピックへ
■ 2015年 鳥になって東京を眺望する
■ 首都圏交通未来地図
■ 未来の首都圏マップ

a0032822_812784.jpg

成美堂出版公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2007-06-27 08:27 | 書籍

まちづくり学 2900円+税

多くの都市関連の書籍を出す朝倉書店から出版された入門書です。

副題に「アイディアから実現までのプロセス」とありますが、東京大学大学院工学系研究科教授の西村幸夫氏がまとめられたもので、 単なる概念や事例の紹介ではなく,住民の視点に立ったモデルやプロセスをわかりやすく提示してありますので、様々な世代の方に参考になりそうです。

第1章 まちづくりの構想(まちづくりの視点

第2章 まちづくりのきっかけづくり(まちづくりの諸活動から

第3章 まちづくりの考え方

第4章 まちづくりのマネージメント

まちづくりのためのキーワード集

a0032822_1121564.jpg

朝倉書店の「まちづくり学」関連ページ
[PR]
by machizukuri | 2007-06-05 11:03 | 書籍

パーキング便利ガイド 1260円

明日6月9日から発売される東京と京阪神都心部の駐車場ガイドブックです。

6月1日より始まった道路交通法改正による違法駐車取締り強化に対応してるということで、「駐車違反取締重点路線マップ」が充実しているようです。

地図上の駐車場の空き情報が携帯電話でリアルタイム分かるサービスもあるということで、自動車に1冊備えておけば混雑時に探し回ったりする煩雑さから開放されることでしょう。地図は「東京版」と「京阪神版」の2種類が用意されるということですが、東海版やその他の大都市版も近いうちに出版されるのではないでしょうか。

a0032822_8384091.jpg
a0032822_8401847.jpg


昭文社公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-06-08 09:36 | 書籍

地震ビフォー&アフター 952円+税

都市部の住民向けに書かれた大地震用のマニュアル本です。

副題に「大震災を生き抜くために知っておきたい!」とありますが、大地震はいつでも起こりえるわけですから、普段から充分に心がけておくべきでしょう。

内容としては阪神淡路や中越クラスの大地震からどうやって自分の命を守るかという現実的な視点から、事前の準備から発生時の対処法、避難行動、応急処置まで豊富なイラストで解説してあります。地震対策マニュアルとしては手頃ですので、防災担当の方は購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

a0032822_19394549.jpg

[PR]
by machizukuri | 2006-04-11 19:53 | 書籍

最新東京・首都圏未来地図 1300円+税

成美堂出版から出版されている便利な首都圏再開発のムックです。

現在進行中の首都圏の再開発や建設計画、そして道路や鉄道の整備路線などの最新情報が多角的に網羅されています。

1万分の1の縮尺の地図は普通に使うのにも便利ですし、変化する街の再開発の様子を地図で確認するのも楽しいものです。空き時間にめくっていると思わぬ発見もあったりしますので、皆さんのお宅や会社でも1冊いかがでしょうか。


a0032822_1859206.jpg

成美堂出版
[PR]
by machizukuri | 2005-10-31 19:07 | 書籍

震災時帰宅支援マップ 首都圏版 600円+税

地図で有名な昭文社からタイミング良くガイドブックが出版されます。

5月31日にも朝日出版社から出ているあなたの命を守る大地震東京危険度マップという類似のガイドブックを紹介したことがありますが、後発のこちらも地図出版の老舗としての面子をかけて充実した内容が期待できることでしょう。

もちろん巨大地震が起こらなければ良いのですが、国や東京都の対策に期待できないだけに自衛はしておかなければならないでしょう。今年の防災の日には先週の地震の記憶も薄れていないでしょうから、このようなガイドブックを購入して、皆さんで巨大地震が起こった場合のシミュレーションをされてみてはいかがでしょうか。

a0032822_19465714.jpg

ISBN:4398680535
[PR]
by machizukuri | 2005-07-31 19:55 | 書籍