カテゴリ:なんでも日本一( 6 )

第2回産業観光まちづくり大賞

9月19日、第2回「産業観光まちづくり大賞」が決定されました。

この賞は社団法人日本観光協会全国産業観光推進協議会により選ばれるもので、観光による地域振興の新しい手法として注目されている「産業観光」による観光まちづくりを実践し、他の地域の模範となる地域を表彰する制度で、第1回目の昨年は金賞が(財)名古屋観光コンベンションビューロー、銀賞が釧路市、特別賞が宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会でしたした。

第2回の今回は以下のものが選ばれ、9月25日に富山市で行われる「全国産業観光フォーラムinとやま」で表彰式が行われるということです。

金賞 財団法人浜松観光コンベンションビューロー(静岡県)

銀賞 川崎産業観光振興協議会(神奈川県)、
    NPO法人いくのライブミュージアム(兵庫県)

特別賞 栗原市(宮城県)

社団法人日本観光協会公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-09-23 14:48 | なんでも日本一

世界最大の高輝度LEDスクリーン

東京競馬場に世界最大の大画面のマルチ画面ターフビジョンが誕生したそうです。

縦11・2メートル、横66・4メートル、面積743平方メートルということですから、しばらくはその座を脅かされることは無いかもしれません。東京ドームのオーロラビジョンと同じ三菱電機製ということですが、面積は3倍以上ということで、世界最大の映像スクリーンとしてギネスブックに認定されたようです。

製作費は約32億円で、高輝度LEDが採用され、ハイビジョン対応の美しい映像が表示できるそうです。一度はその大画面を肉眼で見てみたいものですね。

JRA東京競馬場公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-12 20:26 | なんでも日本一

最も魅力的な市は

港区のブランド総合研究所から最も魅力的な市の調査報告がありました。

2006年8月に国内の779市を対象にした認知度や魅力度、イメージなど全103項目からなる「地域ブランド調査2006市版」を実施した結果、全国でもっとも魅力的な市は北海道の札幌市だったということです。

2位は神戸市、3位は同率で函館市と横浜市、5位は京都市、6位は富良野市、 7位は小樽市、8位は鎌倉市、9位は那覇市、10位は沖縄市となっているようですが、北海道から10位以内に4市が、沖縄県からは2市がランクインしているのが興味深いものですね。この他にも「訪れたい市」札幌市、「住みたい市」横浜市、「環境にやさしい市」富良野市など様々な切り口でのランキングの報告がありますので、詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

ブランド総合研究所公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2006-09-08 09:45 | なんでも日本一

第2回日本SC大賞2006

日本ショッピングセンター協会により第2回日本SC大賞が決定しました。

この大賞は「今後のSCのあり方や社会的役割を示唆するSCを顕彰することによって、SC業界の一層の発展に寄与することを目的」に創設されたそうですが、2年に一度の開催となっているようです。

今回で第2回目となる「第2回日本SC大賞2006」の大賞はルミネ横浜が選出されたようですが、その選考基準は2003年末までにオープンした全国2611のショッピングセンターの中から現地調査を重ねて選ばれたということでした。

a0032822_914267.gif

(社)日本ショッピングセンター協会
[PR]
by machizukuri | 2006-05-19 09:33 | なんでも日本一

世界最大級の津波再現実験

横須賀の港湾空港技術研究所で世界最大級の津波再現実験がありました。

昨年末に起こったアジアでの津波から、長い海岸線を持った日本では都市防災の面でもマスコミからも大いに注目されるようになりました。

この研究所の基礎データの収集するための実験施設は全長184m、水深12mの規模で、約3000平方メートルの水量を誇るそうで、実物大の波が押し寄せて木造住宅を想定した木製の壁やマネキンを一瞬のうちに押し流した実験映像はかなり迫力がありました。

こういった先進的ながら地道な実証実験を積み重ねて、日本にも世界にも役に立つ技術の確立を期待したいものですね。
a0032822_1947125.jpg

独立行政法人 港湾空港技術研究所
[PR]
by machizukuri | 2005-06-30 20:05 | なんでも日本一

日本全国・月10万円で豊かに暮らせる町&村ベスト10

先日の9月20日の夜8:00~9:54テレビ東京系で放送された番組です。

「日本全国・月10万円で豊かに暮らせる町&村ベスト10」という長~いタイトルで、国内移住で充実した第二の人生を送っている人達を取材して、月10万円以下の生活費で実際に豊かに暮らせる町と村をランキング形式で紹介してありました。

物価の安さ、医療機関の完備度、豊かな自然など、都会暮らしの人には羨ましく感じられたかもしれませんが、残念ながらこれは中央からの補助金が続くことで成り立つ話であって、今後国の財政がめざましく改善でもしない限りは今回ランクインした町は圏外へと転落してしまうことでしょう。

ただし沖縄県の町だけは本土に比べ高齢化率が低く、気候や観光資源にも恵まれているため、なんとか上位に残り続けることが出来るかもしれません。

1位 鹿児島県  西之表市
2位 北海道   浜頓別町
3位 長野県   飯山市
a0032822_19405493.jpg

[PR]
by machizukuri | 2004-09-21 19:49 | なんでも日本一