低炭素都市推進協議会を創設

11月7日、低炭素都市推進協議会を12月に創設するとの発表がありました。

これは温室効果ガスの大幅削減などに取り組む環境モデル都市の活動を全国に普及させることを目的にしたもので、先進的な環境対策を推進している環境モデル都市の活動を紹介して他の自治体にも同様の取り組みを促すという趣旨のようです。

11月4日にアメリカの新大統領に選ばれたオバマ氏も地球環境の改善やそのための新技術の開発などに強い関心を示していましたので、環境モデル都市を選定することにより低炭素社会の実現を目指すことは市民の賛同も得やすくなるでしょう。2050年までに二酸化炭素を現状から50%以上削減するなどの目標が掲げられているようですが、その高いハードルをクリアするためには政府と産業界、そして市民の環境意識の向上が不可欠でしょうからこの協議会にも期待したいものです。
[PR]
by machizukuri | 2008-11-10 11:01 | 計画・構想


<< ブログをしばらく休みます 福井県敦賀市に高速増殖炉の研究... >>