金沢市が歴史の街保全の申請

11月6日、金沢市が国に歴史の街保全の申請を行うことを決めたようです。

2008年5月16日に参院本会議で成立した、旧家の復元など歴史的な街並み整備を支援する歴史まちづくり法が11月4日に施行されたのに合わせて、金沢市では「第1回金沢市歴史まちづくり協議会」を開いて対象都市の認定第1号を目指すことにしたようです。

金沢市の計画では、金沢城址・兼六園を中心とする犀川、浅野川流域の2130ヘクタールを対象地域に設定し、具体的な事業としては惣構堀の復元工事や、無電柱化の促進、また本多町に建設予定の鈴木大拙記念館周辺の遊歩道整備などを盛り込んだ内容となるようです。

金沢市公式ウェブサイト
国土交通省公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-11-06 15:21 | 計画・構想


<< 2008年度グッドデザイン賞大賞決定 イオンかほくショッピングセンター >>