日本の町村数が1000以下に

2008年11月1日に全国の町村数がついに1000を下回ることになりました。

鹿児島県大口市と菱刈町の合併による伊佐市誕生など4件の市町村合併により、1999年の平成の大合併スタート前に2562あった町村数は999まで減少することになりました。

1999年3月31日時点の市町村数は670市1994町568村で計3232ありましたが、2008年11月1日現在では783市806町193村で計1782市町村とほぼ半減しています。約3対7だった市と町村の面積割合は約6対4に逆転し、約8対2だった人口割合も約9対1となって市部の拡大が進んでいます。今後も期限前の駆け込み合併が予想されていますので、さらなる市町村数の減少や市部の拡大があり、道州制の論議も盛んになってきましたので日本の構造変化は続きそうです。
[PR]
by machizukuri | 2008-11-01 11:48 | まちづくり


<< センシング・シティーズ/感応す... 開港延期と円高の余波で影響を受... >>