開港延期と円高の余波で影響を受ける静岡

新空港の開港延期となった静岡ではさまざまな影響が出てるようです。

立ち木問題で追加工事を余儀なくされるようになり、開港時期が大幅に遅れることになった静岡空港ですが、昨今の円高の余波もあって観光面では大きな影響を受けざるを得なくなりそうです。

景気低迷ということもあり新千歳や福岡便の就航予定の日本航空、新千歳や那覇便の就航予定の全日空などの航空大手も事態を憂慮してるようですが、ソウル便を就航する予定のアシアナ航空や小松、熊本、鹿児島への来年夏の就航を目指すフジドリームエアラインズにとっては開港時期が遅れることによるイメージダウンによる悪影響は避けられないことでしょう。

2009年の3月開港を前提にツアーなどを企画してきた旅行代理店では印刷済みのパンフレットやチラシを廃棄せざるをえないものもあるということですし、伊豆などの観光施設では予約のキャンセルがあったということですから静岡県には事態を速やかに改善する努力を期待したいものです。

フジドリームエアラインズ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-10-31 16:24 | 個人的な感想


<< 日本の町村数が1000以下に 新たに国内4ヶ所がラムサール条... >>