文化政策・まちづくり大学院大

10月27日、大学新設認可について諮問機関から回答がありました。

文部科学相の諮問機関である大学設置・学校法人審議会は来春開校予定の11の大学と8大学院の計19校の新設を認めたということです。 今回は資格取得につながる分野での開校が多く、特に看護師や保健師、理学療法士ら医療関係者を養成する学校が13校を占めたということです。

それとは別に通信教育で「文化振興政策の研究」をするとしていた文化政策・まちづくり大学院大は準備不足と判断されて今期は残念ながら認められなかったということです。
[PR]
by machizukuri | 2008-10-28 13:46 | 計画・構想


<< 総務省から自立圏構想の中心市と... 明治神宮御社殿復興50年記念 ... >>