札幌コストコ

1月25日、札幌郊外にオープンする会員制倉庫型店舗です。

清田区美しが丘の国道36号線沿いに建設されたもので、道央自動車道の北広島インターにも近いことから広域からの集客が可能なようです。

日本での最初の出店は福岡県糟屋郡の久山店で、千葉市の幕張店、町田市の多摩境店、尼崎市の尼崎店、横浜市の金沢シーサイド店、川崎市の川崎店に続いて7番目の店舗となるようですが、小規模の飲食店やサービス業のオーナーが自ら法人会員となって備品購入することも多いようで、地域の中小小売店だけでなく卸売り店にとっても脅威となる場合が多いようです。今回の札幌進出も近隣の駅前商店街やロードサイドの店舗にも影響を与えることになりそうですね。

a0032822_10333826.jpg

コストコ公式ウェブサイト
[PR]
by machizukuri | 2008-01-24 10:15 | 再開発事例


<< 企業の森づくりフェア2008 洞爺湖地域温暖化対策まちづくり... >>