改正都市計画法が全面施行

11月30日、改正都市計画法が全面施行されることになります。

まちづくり3法を見直して、床面積1万平方メートルを超える大規模集客施設の出店規制を柱とする中心市街地の再生と超高齢社会に適したコンパクトなまちの形成を目指すもので、2006年8月に施行された改正中心市街地活性化法と併せて郊外店舗に客を奪われた中心市街地の空洞化に歯止めを掛けたいということのようです。

今回の施行で国が地域の計画を認定して補助金などで重点的に中心市街地の再生のために応援する法的な枠組みが整ったわけですが、問題は活力を失った中心市街地の商店主たちがかつての賑わいを取り戻すためのやる気が残っているかということでしょう。
[PR]
by machizukuri | 2007-11-30 09:10 | 個人的な感想


<< イオンの店舗を選挙投票所に 2007 国際ロボット展 >>