北海道支庁再編案

面積が広大な北海道では支庁制度が残っていますが、再編されるようです。

夕張市の破綻が象徴するように厳しい財政運営が続いていることもあり、2008年度までに現在の14支庁を6に再編する支庁再編案が出てきたようです。

今のところ支庁名は仮称ですが、北海道民に定着している道央・道南・道北・道東の区分けを応用して、道央・道南・道北はそのままで、道東をオホーツク、十勝、根釧の3地域に分割するという方法が検討されているようです。

北海道民以外には馴染みが薄い支庁制度だけに、人件費削減のためには全廃することを検討してみるべきではとも考えたりもしますが、道央圏以外にお住まいの方のメンタリティは急速な変化に対して抵抗があるでしょうから、時間をかける必要があるのかもしれません。明るい話題が少ない北海道ですが、うまくソフトランディングしてくれると良いですね。

a0032822_1258105.gif

北海道公式ウェブサイト
支庁制度改革の取組
[PR]
by machizukuri | 2006-06-27 13:31 | 計画・構想


<< SKY BUS SAPPORO 総務省、破綻法導入を検討 >>