ひぐらしの里北地区第一種市街地再開発事業

長い間都心でありながら地味だった日暮里駅周辺が大きく変わりつつあります。

西日暮里駅からも歩いて3分ほどの場所を、「ひぐらしの里」と名づけ、西地区、中央地区、北地区と3つに分けて開発が進められ、それぞれの地区に超高層複合ビルが建てられます。

新交通システムの日暮里・舎人線の開通により格段と集客を狙えますし、全てが完成するの2007年にはショッピングやアミューズメントも充実して、東京の新名所となりそうです。これに伴い、日暮里エリアもますます発展していきそうで、旧跡などとの共存がどうなされていくのか、今後も目が離せそうにありません。

■ひぐらしの里西地区(25階/B3階)高さ約99m
  2003年度着工予定、05年度竣工予定。
  用途=住宅・店舗・事務所・診療所・駐車場等。
  荒川区西日暮里2丁目
■ひぐらしの里中央地区(41階/B3階)高さ約165m
  2004年度着工予定、06年度竣工予定。
  用途=住宅、店舗、事務所、駐車場等。
  荒川区西日暮里2丁目
■ひぐらしの里北地区(33階/B3階)高さ約135m
  2005年度着工、07年度竣工予定。
  用途=住宅・店舗・事務所・駐車場・娯楽施設等。
  荒川区西日暮里2丁目

a0032822_19125686.jpg

ひぐらしの里北地区第一種市街地再開発事業
Kawanote + PLUS NEXT 日暮里駅周辺の再編への動き
[PR]
by machizukuri | 2004-10-13 20:26 | 再開発事例


<< 二子玉川東地区再開発 金沢21世紀美術館 >>